おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
立春まであと少し

noriaさん、こんばんは。

まだまだ寒いですね。
この寒さあと2週間は続くそうです(泣)

>アルバムから暮雲閣の写真引っぱり出しました

お手数お掛けして申し訳ないです。

しかし、よくもこの名をつけたり暮雲閣。
荒涼とした平原に佇む姿は将に孤高。
イメージにピッタリの和名かと思います。
そして美しい!

刺男子さん、こんばんは。

>生きているサボテンは神秘的な存在です。

同感です。
こんな標高4600mの所に生えているなんて!
なにか聖地のような神々しささえ感じます。

>雪の中のハウスと、3号栽培室。
>もういっこのハウスも、半分雪に埋もれています。

こちら神々しいとはいかないまでも(~_~;)、暖地の私に
とってはこの自然の厳しさ畏怖してしまいます。
そして北海道人の忍耐強さも。
第7師団が最強師団と言うのが納得できます。

画像は

越冬中のエリオシケ類

いわた 2018/01/30(Tue) 22:36 No.1028 [返信]
Re: 立春まであと少し
みなさん、こんばんは。

いわたさん、こんばんは。

>この寒さあと2週間は続くそうです(泣)

昨日は朝から晴れていて、ホッとできる一日でした。
寒さ、あと2週間続くのですか、
ベランダフレームや水槽のサボたちは、
まさに限界に達しているようです。

>北海道人の忍耐強さも。
>越冬中のエリオシケ類

エリオシケは育てたことのない品種です。
目を楽しませていただきました。

立春も近いことですし、黒鉢の準備など始めています。
サボ達はギリギリのところで頑張っているようですし、
きっと今年は頑張りがいのある年になるような予感がします。
季節は、サボ達の頑張りに報いてくれると思います。

写真

雪の画像や凍っている画像が続いたので、
明るい内容のものを。

6月播種の
メロカクタス 火焔雲です。
6o前後まで育ちました。

刺男子 2018/01/31(Wed) 03:36 No.1029
Re: 立春まであと少し
いわたさん、arionさん、乗りに載っているnorinaさん、そして皆々さま
全国的に大寒に相応しい寒波が居座っておりますが〜 表題の通りあと少しで立春、、、間もなく眩い陽射しの季節がやって来ます (*^_^*)

いわたさん、明日は大阪でも降雪の予報が!?!?

いわたさん、明日は大阪でも降雪の予報が!?!?
たま〜〜にゃ一句、雪景色も宜しいかと、、、 (*^_^*)

暮雲閣の話題に乗って、、、40年ほど前になりますか?シャボテン誌に井上 靖生氏の(サボテンを求めてアンデスへF)を貪り読んだのを思い出しました。以下氏の暮雲閣の記述の一部分を抜粋して、、。

ワラスの街を瞬く間に通過して、コルディエラの山道にさしかかった、、、峠の頂上4,200mに確かに桃源郷はあった。緑黄金色に輝く高貴なカックス暮雲閣があった!!!このカックスの前ではすべてのカックスは恥ずかしそうに頭を垂れるに違いない、、、、、。

写真はまたもテフロカクタス 蛮将殿

major 2018/01/31(Wed) 19:21 No.1030
Re: 立春まであと少し
刺男子さん、こんばんは。

明日から2月。
ですがこちら明日は雪模様とか。(泣)

>きっと今年は頑張りがいのある年になるような予感がします。
>季節は、サボ達の頑張りに報いてくれると思います。

その通りです。
明るい太陽と春が待っていますよ〜。
「努力は裏切らない!」
→努力しても報われない時もあるバキッ!!☆/(x_x)
。(私の人生訓(~_~;)


>メロカクタス 火焔雲です。

このメロ。
全然平気そうな顔をしていますが最近のものですか?

majorさん、こんばんは。

>たま〜〜にゃ一句、雪景色も宜しいかと、、、 (*^_^*)

歌心は野暮な私には有りませんが、酒心なら。

「♪酒は飲むべし百薬の長。〇買うべし人生無上の快楽〜♪バキッ!!☆/(x_x)

温泉入って雪見酒ならず雪見ビールなんかいいですね〜。
→寒いけど(~_~;)

今日は皆既月食。
晴れているので外にでましたが、寒くて観察する気力なし。
早々に戦略的撤退をしました。バキッ!!☆/(x_x)

>このカックスの前ではすべてのカックスは恥ずかしそうに頭を垂れるに違いない、、、
詩情溢れる文章ですね。一度は見て見たいものです。

蛮将殿。素晴らしい刺!

この蛮将殿の前ではすべてのフェロも恥ずかしそうに頭を垂れるに違いないバキッ!!☆/(x_x)

画像は

うちでも蕾を付け始めた
春を告げるネオポル。

いわた 2018/01/31(Wed) 21:30 No.1031
Re: 立春まであと少し
みなさん、こんばんは。

majorさん、こんばんは。

>全国的に大寒に相応しい寒波が居座っておりますが〜

こちらは、majorさんの所より2〜3℃くらい暖かいのかな、
と言っても−10℃近くにはなりますけど。
週末ころには、
真冬日からも脱出できそうな予報が出ています。

>あと少しで立春、、、

今年はフェロの移植を3月上旬ころから始めてみようと思っていますので、
そろそろ準備を始めます。
立春を過ぎれば、
無加温栽培の結果も見え始めてくるのではないかと思います。

>蛮将殿

もの凄い刺をしていますね。
いい味でているし、誘惑されます。

いわたさん、こんばんは。

>全然平気そうな顔をしていますが最近のものですか?

1月30日の撮影です。
リビングのストーブから1メートルくらい離れた、
日当たりの良い窓辺で元気に成長しています。

>蕾を付け始めた
>春を告げるネオポル。

本州では、もう春に向けてサボ達は活動しているのですね。
こちらのハウスは、毎日0℃くらいで、蕾はまだ先ですね。


写真
ホームセンターで、11月ころに購入したハオルチア。
浮気写真みたいなものです。

ハウスの四重部分(コンテナボックス)に居ます。
何度かマイナス0.数度になりましたが、
凍傷の様子もなく、
草(多肉植物)も氷点下に耐えられるのではないかという気がしてきて、
来シーズンは、オブツーサの無加温栽培にも、手を出そうかと考えています。
どんな成長サイクルになるのか?

    夜明け頃の    同
    ボックス内温度 外気温      
1月22日  -0.3℃   -10.0℃
 23日   0.3    -6.5
 24日   0.7    -8.0
 25日  -0.6    -11.5
 26日   0.3    -4.0
 27日   0.6    -4.0
 28日   0.9    -4.5
 29日   1.2    -8.5
 30日  -0.7    -10.5
 31日  -0.2    -8.0

刺男子 2018/02/01(Thu) 03:45 No.1032
Re: 立春まであと少し
刺男子さん、こんばんは。

今日は雪が舞う予報でしたが終日雨でした。

>真冬日からも脱出できそうな予報が出ています。
>立春を過ぎれば、無加温栽培の結果も見え始めてくる
>のではないかと思います。


こちらも日が長くなってきて、心なしか暖かくなってくる
気配もしてきてます。
山場も越したような?

>ハウスの四重部分(コンテナボックス)

外気温が-10.0℃でも中はこちらの最低気温並み
ですね。

多肉のイモ類等特別寒さに弱い品種を除いて
楽勝で越冬出来そう。
ご努力の検証結果発表楽しみになりそうですね。

画像は
何故か生き残っているスクレロ。
←名前忘れた(~_~;)

今年、腐りを覚悟で植え替えするべきか否か?

いわた 2018/02/02(Fri) 00:42 No.1033
Re: 立春まであと少し
いわたさん、みなさん、こんばんは

ブルームーンにレッドムーン、怪奇…じゃなかった(^_^;、)皆既月食も何事も無く無事終了。すこ〜しですけど日射しに力が戻ってきたような…
今日はちょっとだけお日様の顔色を窺い、ホッと一息。

刺男子さん、
実生のメロ火焔雲、元気そうですね〜。「火焔」と名がつくからには大きくなれば燃えるような赤刺なんでしょうか?楽しみですね。

major親分、
蕃将殿、ものすごい長刺!ハリネズミどころかヤマアラシも真っ青!(@_@;)
なにか秘訣でもあるんでしょうか。

いわたさん、
あちゃ、スクレロもあるんですか??まさにカオスでんなぁヽ(^。^)ノ

画像はちょっくら春めいて、太白丸の花など(^_^)/

arion 2018/02/02(Fri) 21:12 No.1034
Re: 立春まであと少し
みなさん、こんばんは。

いわたさん、こんばんは。

>こちらも日が長くなってきて、心なしか暖かくなってくる
>気配もしてきてます。
>山場も越したような?

また、さらなる寒さがやってくるような予報も出ているようですが。
太陽が出ているときは暖かいですが、
朝晩は厳寒の寒さです。
次の山場がやってくるようで、もう少しの辛抱がいるようです。

>多肉のイモ類等特別寒さに弱い品種を除いて
>楽勝で越冬出来そう。
>ご努力の検証結果発表楽しみになりそうですね。

多肉の多くは寒さに弱いとばかり思っていましたが、
エケベリアなども耐寒性、備わっていそうに思えてきました。
狭い庭で可能な限りの耐寒検証を行っていきたいです。

今月下旬ころから、Facebookのほうでも公開していこうと思います。

>何故か生き残っているスクレロ。

同じ属であっても性質が異なるということなのでしょうか?

arionさん、こんばんは。

>実生のメロ火焔雲、

今年の実生たちは、一年後には氷点下の中にいると思いますが、
幼苗は小さいから寒さに弱いだろうと思うのは、
先入観なのか?検証することになります(幼児虐待のつもりはありませんけど)
(こんな冗談言っていいのかな?)

>画像はちょっくら春めいて、太白丸の花など

確実に春が近づいていますね。
1日と2日は、久しぶりに天気が良くなり、
いつの間にか日差しが強くなっているのを感じました。

幹線道路はアスワァルトが出ていたり、
歩道に雪のないところがあったりして、
土のにおいを感じられました。
でも雪はまだまだ降りますので、何度も冬に逆戻りします。


写真
無加温フレームのサボ達
凍結により相当なダメージを受けています。
生死の程は今は不明です。

刺男子 2018/02/03(Sat) 03:44 No.1035
色はイロいろ、人それぞれ(?_?)

いわたさん、みなさんコンバンワ(^_^)/

長くなってきたので、いわたさんが倒れないようスレッド更新しまス。

刺色と花色、関係があるようで、例外もあるような
マミの白星、基本は白黄花だけど桃花の園芸種も白刺だし。カルメナエは基本黄金刺だけど赤刺品種に白花、桃花両方あるし・・・(・_・)
あっ、フェロの話でしたね、失礼シマシタ!<m(_ _)m>

ホント、色の表現は文字で伝えるのは難しいですねぇ。
同じ花を見てもヒトによって色の感覚は違うし…ということでこの問題はパスッ<`ヘ´>バキッ!!☆/(x_x)

>「こっちの刺色がいい!」「こっちは刺が少し狂い気味」とか。。。
>この心情は女の人や正常な人にはわからないでしょうね(~_~;)

う〜ん、よぉ〜くわかります。。
画像は産地違いの麗刺玉系の野良サボ。。刺色のびみょ〜な差がたまりましぇん。。。
あれ?もしかして‘正常なヒト’じゃないってコト??(?_?)バキッ!!☆/(x_x)

arion 2018/01/27(Sat) 23:07 No.1015 [返信]
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
皆さんこんばんは。

またarionが勝手をしまして申し訳ありません。

いとうさんの真珠、元気いっぱいに開花していますね。羨ましいです。
当方の真珠はまだ小さくて開花サイズにはなっていません。日の出丸は開花サイズでときどき咲きますが、今年は寒くて蕾のままで終わりそうです。

花色の件はいわたさんのおっしゃるように日の出は刺色の薄いものは花も薄く、「金鵄玉」(キンシギョク)と呼ばれる黄刺タイプは黄白色の花を咲かせます。ただ、自生地に詳しい方の話では、赤刺と黄刺が混じって生えるコロニーもあるということです。
また、真珠の花は白っぽい薄紫で中心が赤黒く、花弁中央に赤紫の筋が入るのが普通ですが、個体によっては濃淡があると思います。
なので、花色だけで種を特定するのは難しいというほかなく、園芸的には気に入った姿形とトゲの強さを尊重すればよいのではないでしょうか。

画像は南米ペルー高地産の暮雲閣。本種の属するオロヤ属では唯一の黄花種(他種はオレンジ〜サーモンピンク)ですが、ひょっとすると他の花色があるかもしれません。

noria 2018/01/27(Sat) 23:49 No.1016
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
みなさん、こんばんは。

いとうさん、こんばんは。

>真珠

沢山咲いているし、蕾もたくさんあって、成長早いのですね。

>新緑玉

この時期に蕾が上がっていて、ハウス内は華やかそうです。
こちらはと言えば、
天気の良い日はキラキラしていますが、
雪降りの日は灰色です。

いわたさん、こんばんは。

>時々雨水を被っているので薄汚れています(~_~;)

これは汚れているのですか、綺麗な黄色だと思いましたが。

>「こっちの刺色がいい!」「こっちは刺が少し狂い気味」とか。。。

同品種をいくつも並べて違いを楽しみたい私も…
10代、20代の時とは違い、神経が太くなってしまいました。

>太白丸×緋冠竜

太白丸のように刺が細くない、
それにしてもレモン色できれいな刺です。

arionさん、こんばんは。

>麗刺玉系の野良サボ。。
>刺色のぴみょ〜な差がたまりません。。。
>あれ?もしかして

同感です。ということは私も…
姿かたちがそっくりで、刺だけ違うところが特にいい。

noriaさん、こんばんは。

>南米ペルー高地産の暮雲閣。

マイナーサボに、オロヤ属というのもあるのですね、
これも購入予定に入れなければ。
春になったら、一気に賑やかになりそう、
今は冬の静けさですね。

写真
凍結サボテンの追跡調査!

凍ったサボテンなど見たくない、という方もおられるかもしれませんが、
普通なら(私は変な人?)見ることのできない、
凍結太平丸。
ここから復活できたら、サボテンの生命力はすごいです。
濡れたように見えるのは、おそらく細胞から染み出した水、
覆水元に戻れば蘇生するのでは?


数時間の止み間はあるものの、木曜から毎日雪降り、除雪
今日は降らないでほしいな、
ハウスから落ちた雪も溜っているし。

刺男子 2018/01/28(Sun) 04:17 No.1017
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
arionさん、こんばんは。

>色はイロいろ、人それぞれ

えっ?人はエロエロ、人それぞれ(?_?) ですって?バキッ!!☆/(x_x)

>倒れないようスレッド更新しまス。

ありがとうございます。
最近の雪と氷で倒れそうになってました(~_~;)

>白花、桃花両方あるし・・・(・_・)

そうですね。そこがマニアの心をくすぐるのですな。

そういえば少し前に花籠の赤花がフィーバーしていましたっけ。
花籠にはあまり興味ない私は
「ふ〜ん。そうなんだ。」で他人事のように済ませていました(~_~;)

>麗刺玉系刺色のびみょ〜な差がたまりましぇん。。。

いやあ〜っ。ホントたまりまへんな〜。そそりますな〜。
エクスタシーを感じたりしてバキッ!!☆/(x_x)

「刺はちょっと」と思ってる方は、これ見ても良さは
ワカリマセンでしょうな〜。

>あれ?もしかして‘正常なヒト’じゃないってコト??(?_?)バキッ!!☆/(x_x)

違います。違います。大丈夫です。
ただ尋常ではない!と言うことだけです。ハイ!バキッ!!☆/(x_x)

noria さん、こんばんは。

>arionが勝手をしまして申し訳ありません。

そんなことありません。
この場を大いに盛り上げて下さるので助かっています。
さすが三河万歳発祥のご出身。ボケとツッコミの機微を
よくわきまえておいでです。
職業選択を間違ったかも?バキッ!!☆/(x_x)

いつもながら詳細な解説有難うございます。

>オロヤ属暮雲閣。ひょっとすると他の花色があるかもしれません

「♪オロヤ〜。オロヤ〜。オロロン〜♪」

黄色というより黄緑色に近いようですね。

他の花色出現しても紅籠みたいにはフィーバーしないでしょうね。
もし出たらこの掲示板で2,3日間だけフィーバーしましょう。
←それはちょっと寂しいかも(~_~;)

刺男子さん、こんばんは。

>10代、20代の時とは違い、神経が太くなってしまいました。

これホント。
齢を重ねていくことの良いところは、若い頃のように物事を
深く繊細に考えることが少なくなってゆくことです。
これ精神衛生上良いことでありますな〜
←ボケの初期症状だったりして(~_~;)

>ということは私も…

はい、同族ということで。
「一緒や〜。一緒や〜バキッ!!☆/(x_x)

>普通なら見ることのできない、凍結太平丸。

ここに集いし皆様。
この僥倖に感謝しましょうね。

>ここから復活できたら、サボテンの生命力はすごいです。

うっ〜ん。
普通に考えるとアウトに見えちゃいますが
不死鳥の如く甦るか注視しましょう。

画像は
うちにあるオロヤ。高山性のはずですが
意外と丈夫。名前忘れました(~_~;)
いわた 2018/01/28(Sun) 21:42 No.1018
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
添付忘れとるやないか!
ヤッパリ、初期症状かも(泣)

いわた 2018/01/28(Sun) 21:47 No.1019
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
初期症状ついでに(~_~;)

うちの麗刺玉。

ラベルはロビビアになってるけど、
やっぱりソエレンシアの方がいい!

いわた 2018/01/28(Sun) 21:50 No.1020
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
みなさん、こんばんは。

28日の画像、訂正とお詫びです。
凍結太平丸ではなく、

凍結天平丸の、間違いでした。

申し訳ありません。
初期症状が出て久しいかもしれません。

>オロヤ

小型種なのですね。

>麗刺玉

これはまた、10p近くもある長い刺ですね。
ハリネズミみたいでこれはちょっと苦手かな。


28日日中は雪は降らなかったけど、
今夜はまた雪です。
おまけに、昨日から浴室の配水管が凍り、
排水が出来なくなっています。

水曜日ころは再び寒くなるようです。
危機的な状況は続く…

写真はお休みです。
刺男子 2018/01/29(Mon) 03:29 No.1021
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
刺男子さん、こんばんは。

>初期症状が出て久しいかもしれません。

「一緒や〜。一緒や〜バキッ!!☆/(x_x)

>オロヤ小型種なのですね。

あっ!これは小鉢に植えているだけなんで。。。(~_~;)
実際はかなり大きくなるようですよ。
たしかnoriaさんは現地で実物を見られたはずです。

水は方円の器に従う。
サボテンは鉢の大きさに従う。
良い子はそれ相応の大きさの鉢に植えて
あげましょう。
でないと、私みたいになっちゃいますよ(~_~;)

>昨日から浴室の配水管が凍り、
>排水が出来なくなっています

あちゃ!寒さに備えているはずの北海道でも!(◎_◎)

うちでは何年前だったんだろう?
昼間、何故か庭が水浸し。
良く見たら気温が高くなり水道管が破裂していたのでした。(~_~;)

>危機的な状況は続く…

危急存亡の時。正念場。堪えましょう。

画像は
こちらは麗刺玉の刺色違い。
いわた 2018/01/29(Mon) 21:27 No.1022
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
ありゃ!またまた忘れてる。
これは本格的かも?
しばらくお休みしないといけないかも(泣)

いわた 2018/01/29(Mon) 21:30 No.1023
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
いわたさん、お疲れですね(^_^;)

アルバムから暮雲閣の写真引っぱり出しました。
ペルーのブランカ山群、標高4600m付近での撮影、中央の株は径25pほど。

オロヤ属は暮雲閣が最大種で、他はせいぜい15〜20p程度。実生からでも育てやすく暮雲閣以外は6〜7pから花を咲かせます。

noria 2018/01/29(Mon) 23:31 No.1024
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
みなさん、こんばんは。

いわたさん、こんばんは。

>水道管が破裂していたのでした。(~_~;)

破裂するほど凍るとはそうとう寒かったのですね。
こちら、2,3日後には最高気温、
ようやく氷点下を脱出できそうな予報になっています。

>危急存亡の時。正念場。堪えましょう。

今日は雪は降らなさそうで、除雪(日曜夜〜月曜未明は休み)も入ったし元気回復、
ハウス周りの雪捨てします。

写真は雪の中のハウスと、3号栽培室。

>麗刺玉の刺色違い。

麗刺玉も刺色、長さ色々変化に富んでいますね。
環境に合わせていろいろな姿で生きている、サボテンの適応力ですね。

noriaさん、こんばんは。

>アルバムから暮雲閣の写真引っぱり出しました。

アルバムからの写真ありがとうございます。
オロヤ属の自生地へ行かれたのですね。

日本では信じられないような広大な大地の中に、
サボテンが生えているようですね、
訪れる人間もほとんどいないようなところで
生きているサボテンは神秘的な存在です。

想いは自生地に飛んでいくようです。
このような所でテントを張り、
サボテンと一緒に大地に抱かれて寝てみたいものです。
などと、妄想しています。

刺男子 2018/01/30(Tue) 03:37 No.1025
Re: 色はイロいろ、人それぞれ
もういっこのハウスも、半分雪に埋もれています。

刺男子 2018/01/30(Tue) 03:40 No.1026
大寒波襲来ス。

刺男子さん、こんばんは。

>今日は、キターッ!-13.5℃

キターッ!-2.5℃!(~_~;)

こちらも今朝はこの冬最低!
外にある水溜もバキッ!!☆/(x_x)バキッ!!☆/(x_x)
に凍っていました。
風はやや収まりましたが、日中も気温上がらず。
我がテンションも低下(~_~;)

>いよいよ佳境に入ってきました!

危険区域に入って欣喜雀躍オオヨロコビ
するのはちょっと怪しいバキッ!!☆/(x_x)

>これなら凍っているのがわかるかな!

我が忠勇無比の露天雨曝し越冬隊の
神仙、ロビプシスが同じように所々
黄色い体肌になっております。
エビ、光琳、フェロックス、フォスロ
そして放置のフェロは今の所外見上異常なし。

arionさん、こんばんは。

アウストロの開花写真有難うございます。
たぶん初めて見ると思います。
国内でも開花例は少ないのでは?
←第一誰も持ってないか!バキッ!!☆/(x_x)

悪魔のような姿態からこんな清楚な花咲か
すんですね。
ホント、サボテンって色んな種類があることよ。

>キリンさんのお世話になってますので

キリンさんでこれ位になるんですね。
おおっ〜し。発注や!

(すぐさまテンションMAX!の岩田(~_~;)


画像は
Gymnocactus subterraneus var. zaragozae

頂部の刺は繊細で綺麗。
但しその姿態は伸びすぎで倒れてます(~_~;)

いわた 2018/01/25(Thu) 21:57 No.1006 [返信]
Re: 大寒波襲来ス。
みなさん、こんばんは。

今日は、一時的に寒さ解消。それでも-5.5℃。
寒さに向かって威勢がいいのも今だけです。
立春までは寒くてもいいと思っているけど、
それを過ぎると早く暖かくなってくれと…

arionさん、こんばんは。

>パタゴニアさぼてん、

北海道に向いていそうです、冬が面白くなりますね〜。
今年の3月は忙しくなるぞ〜。
サボテンに負けないように、エネルギー貯めておかないと。

いわたさん、こんばんは。

>いよいよ佳境に入ってきました!
>我が忠勇無比の露天雨曝し越冬隊の

サボテンは身をもっていっぱい教えてくれているのだと思う。
フォスロ、頑張っているのですね。
沢山得ることのありそうな冬です。

>Gymnocactus subterraneus var.zaragozae

ギムノカクタスは、初めて見ました。
長くなるサボテンなのですね。


写真
フレーム栽培室の、翆平丸と、マミラリア雷鳥丸。

刺男子 2018/01/26(Fri) 03:43 No.1007
Re: 大寒波襲来ス。
いわたさん、みなさんこんばんは。

いわたさん

>東京よりやはり暖かいのでしょうね。

今日もなんとか東京プラス3℃くらいをキープ
それでも朝方は氷点下に冷え込みます^^;

デンモザ、なかなか良いですね〜。
今年の海外発注は先日2度目をして終えてしまったので
業者さんで買ってみようかと思います。

こちらは寒さも少しずつ和らぐ予報。
このまま春に向かってほしいです(^_^;)

刺男子さん

春雷はまだ開花球ではないはず。
もうじき咲きそうですがね〜。
majorさんの温室に立派な巌の開花株がありますね(^^♪

ついに神仙凍りましたか。
解凍して問題なければ無加温栽培が一方進展しますね!

そういえば、どなたかechinocactus diabolicusの開花を見たことある方
いらっしゃいますか?

巌譲りの黄色花だという話と、いやピンク色だという話を聞きます。
種として固定されている(交配すると同じ姿態のものが出る)
らしいですが謎ですね。
まあ金冠竜も刺色で花色も変わるし、なんとも言えないですが。。

写真は私にとっては大枚叩いた 自根(のはず)王金鯱カキコ
まだ小さいですが、一応特徴は出てますね〜(^^♪

いとう 2018/01/26(Fri) 19:48 No.1008
Re: 大寒波襲来ス。
刺男子さん、こんばんは。

今日も寒い寒い。
←最近、こればっか(~_~;)

>身をもっていっぱい教えてくれているのだと思う。

はい!サボテンに限らず植物は私たちに色々なことを
気づかせてくれます。
「今、この瞬間を生きる」とか「あるがままに生きる」とか。
見ていて癒されるし、時にはちょっぴり勇気を与えてくれます。

>長くなるサボテンなのですね。

ギムノカクタスで長く伸びるのはこの類だけ
みたいです。
とくに基本種のGymnocactus subterraneus
は「なんじゃこれ!」と言うような奇妙な形です。
←腐らせてしまって持ってナイケド(泣)

>フレーム栽培室の、翆平丸と、マミラリア雷鳥丸。

この面々。全然平気というような顔してますね(~_~;)

いとうさん、こんばんは。

>echinocactus diabolicusの開花

寡聞にして聞いたことないです。
話が出ているということは既に開花球があるのですね。

話題になったのは10年位前だったので
実生から開花するということは
太平丸の血を継いでいることは間違いなさそうですね。

>金冠竜も刺色で花色も変わるし

フェロの花は刺色に連動していることが多いですね。
刺の色素と花の色素に相関関係があるということかな?

>王金鯱カキコ

お財布との相談もありますが
「あの時、買っときゃ良かった。」と
思うより、先行投資と考えれば安いものかも。

画像は
テロ 太白丸。

いわた 2018/01/26(Fri) 22:42 No.1009
Re: 大寒波襲来ス。
みなさん、こんばんは。

いとうさん、こんばんは。

>majorさんの温室に立派な巌の開花株がありますね(^^♪

あります!あります!
立派だったので、自分でも三年くらい前に大球を買っちゃいました。

>ついに神仙凍りましたか。
>解凍して問題なければ無加温栽培が一方進展しますね!

ここ数日凍りっぱなしのようです。
寒気が抜け、天候が回復したらどう姿を変えるのか、
元通りに戻ってくれるといいのですが、
こんなに凍ったのを見るのは初めてなので予測はつきません。
-10℃の世界にいる神仙なのでこの状態で生きていれば、かなりの進展になります。

>王金鯱

いい刺ですね。
刺の短い金鯱が好きです。大きくなっても扱いやすそうなので。

いわたさん、こんばんは。

>今日も寒い寒い。
>←最近、こればっか(~_~;)

本当に寒いです。今日も頑張って、昨日降った分の除雪です。

>時にはちょっぴり勇気を与えてくれます。

毎日の暮らしのエネルギーになっています。

>基本種のGymnocactus subterraneus

基本種のほうが変な形してますね。

>この面々。全然平気というような顔してますね(~_~;)

雷鳥丸はやはり凍っているようです。
翆平丸は凍っているようには見えていません、
強いのかもしれません。

>テロ 太白丸

他のテロとは見かけが随分違うので?、と思っていましたがあってました。
3号栽培室で無加温栽培中です。
写真の刺は黄色っぽいような、
うちのは白ですが、刺色もいろいろあるのですね。


写真
昨日は、ついに兜も凍結です。1007の兜と同じ個体です。
真冬日はまだ続きそうです、
春になって、何事もなかったように……とはいかないかもしれませんね。

刺男子 2018/01/27(Sat) 04:03 No.1010
Re: 大寒波襲来ス。
いわたさん、みなさんこんばんは。

いわたさん

diabolicusの開花、私も1度だけネットで見たのですが
以前arionさんが載せていたものにそっくりな姿態で、
花は巌とおなじ黄色でした。

きっとそのうちここの方でも花が咲くでしょうから、
真相はお預けですね。

個人的にフェロの刺と花の色の連動は
自然界だったら違う色の方が花粉の運び屋には目立つのでは?と思いますが
そうでもないんですかね。
刺に負けないよう花も派手な気はします。

王金鯱カキコ、今思えば1個ありますからなくても良かったんですが…
3週間前の自分の心境は既に闇の中です。

刺男子さん

私ももともと巌は好きでした。
大きいのでmajorさんのみたいに綺麗に育っているのは希な気がします。

うちの方は気温自体は低いですが、明日からまた天気は回復しそうです。
寒さにはサボテンたちが慣れてないので何事もなくホッとしてます。

写真は真珠

いとう 2018/01/27(Sat) 18:21 No.1011
Re: 大寒波襲来ス。
あ、そういえばなんですが、
この真珠、花が濃紫ですが、
この花の色は日の出丸の特徴ではなかったでしたっけ?

以前柿崎氏の真珠の花の写真を見たのですが
白っぽい花だったような気がします。

日の出丸の血が入ってるんでしょうか?

ご存知の方、解説お願いします(ーー;)

写真新緑玉

いとう 2018/01/27(Sat) 19:15 No.1012
Re: 大寒波襲来ス。
刺男子さん、こんばんは。

>写真の刺は黄色っぽいような、
>うちのは白ですが、刺色もいろいろあるのですね。

はあ〜い。
この太白丸は雨漏りするところに放置状態です。
よって時々雨水を被っているので薄汚れています(~_~;)
良い子はそんな事にならないヨウニしましょうバキッ!!☆/(x_x)

ちなみに
太白丸に同属の緋冠竜を掛け合わせました。
一応、結実しましたが種子の数は少なかったです。
これをキリンさんに接ぎましたが、光線が弱いのか
また大きくなると刺色が変わるのか?ですが
今の所黄刺になってます。
黄刺太白丸が出来たらラッキー!なんですが(~_~;)

いとうさん、こんばんは。

>刺に負けないよう花も派手な気はします

フェロの花は派手で綺麗なのですが
でも刺の派手さに隠れてしまって損をして
いるかと。

昔の書籍では花が咲くのはかなり遅いと書かれていたのですが、
実際は超巨大になる一部を除いて開花は容易。
大体10年もあれば大丈夫のようです。
確か初めて見たフェロの花は紅洋丸だったと
記憶しています。

>王金鯱カキコ、3週間前の自分の心境は既に闇の中です。

例えば、小さい男の子が似たような電車のおもちゃを色々欲しがります。
大人には全部同じように見えるのですが、これがまた違うんですな〜。
つまり他人が同じように見えてもマニアは違うんですな〜

「こっちの刺色がいい!」「こっちは刺が少し狂い気味」
とか。。。
この心情は女の人や正常な人にはわからないでしょうね(~_~;)

>日の出丸の血が入ってるんでしょうか?

これはわからないですね。

日の出丸。
赤紫〜黄白色。棘色と花色は比例関係にある。
真珠は暗紫紅色。と書いていましたが

赤紫と暗紫紅はどう違うんじゃ!
と言われればその人の感覚の違いかと(~_~;)

ちなみにうちでは日の出丸、真珠はもう
お手上げです。
みすぼらしく刺落ちするし、カビで黒くなる。
おまけに錆はあがるしで、ギブアップ(泣)

救いは両方の交配種である日真玉。
放置なので大きくなりませんが今の所
なんとか育ってます。

画像は

太白丸x緋冠竜

いわた 2018/01/27(Sat) 21:59 No.1013
寒波襲来トノ警報ニ接ス

arionさん、こんばんは。

明日から金曜日までの予報は時々雪あり。
最高気温3度。最低気温マイナス2度とのこと。

1日だったらともかく3日続くというのは最近記憶ないです。
そちらも雪予報でしたね〜。
まさか幾らなんでもハウスの雪下ろしが必要になるとは
思えませんが。

>ココはトゲモン専用掲示板ってコト忘れてたっバキッ!!☆/(x_x)

全然大丈夫ですよ〜。
ここはクー・クラックス・クランみたいな人はおられません。
世界は一家人類は皆兄弟!
よって、サボタニ界は一家多肉は草バキッ!!☆/(x_x)

>軽く狂い刺になってるのは、主人の性根の所為かも…バキッ!!☆/(x_x)

説得力ありなすな〜
納得いきますバキッ!!☆/(x_x)


刺男子さん、こんばんは。

>サボテンを育てられる気候が二十年後、三十年後まであるのかと、
>取り越し苦労もしています。

私は人類の叡智でそんなことにはならないと
信じてます!
←ホントはその頃はヨボヨボになってるか、この世から
オサラバ(^o^)/~~しているので気にならないのでしたバキッ!!☆/(x_x)

>植物の凍り方には器官外凍結、細胞内凍結、細胞外凍結の3通りあり
>細胞外凍結において、細胞壁が壊れなければいいということかな

ありゃ!そうゆう風に分けられているのですね。
全然知りませんでした。

>例によって凍っています。

あっちゃ〜。これって凍ってるんですね
刺が綺麗に見えるバキッ!!☆/(x_x)

しかしこれで立ち直るとは、植物の強さ
少し見直しました。


画像は
話題には全然関係ないケド(~_~;)
茜丸の黄刺変種。

いわた 2018/01/23(Tue) 21:17 No.998 [返信]
Re: 寒波襲来トノ警報ニ接ス
いわたさん、みなさんこんばんは。

いわたさん

>終わりよければすべて良し。

私も発送の時に個人だから書類付けてくれるか不安でしたが…
没収にはならなくて良かったです(^_^;)

とりあえず小苗は家の中に避難、
大きいのは中央に寄せる感じで対応しました。

雪は乗り越えたし、暖かくて結局雪も積もらなかったので
問題なしでしたが(ーー;)

頂いたカキコの新緑玉も胴切り発根後、順調です。
1年間つけっぱなしだった蕾をそのまま膨らませてきてます(^_^;)

この寒波が過ぎ去れば春の到来かな?と期待してます。

茜丸
黄刺もあるんですね〜。
カルメンと極光丸の間みたいな姿ですね。
デンモザも南米物でしたっけ?

刺男子さん

春の到来は北海道と数ヶ月差がありそうですね。
ゆっくり蕾が膨らんで3月には咲くと思います。

>植物の凍り方には3通りあり

雑草や樹木はへっちゃらなのでサボテンや多肉の
水を溜め込む構造も少なからず影響してるでしょうね。

水を切って体液の濃度が大きくなると凝固点は下がりますね、

写真は春雷?

いとう 2018/01/24(Wed) 00:39 No.999
Re: 寒波襲来トノ警報ニ接ス
みなさん、こんばんは。

いとうさん、こんばんは。

>雪は乗り越えたし、暖かくて結局雪も積もらなかったので
>問題なしでしたが(ーー;)

問題なくてよかったです。
寒気もそちらまでは南下できなかったのですね。

こちらは、昨夜少し雪が降りました。
しかし、これから西高東低になり、北西の風が吹いてきた場合は、
札幌周辺に雪雲が入るのでまだ安心はできません。

>春の到来は北海道と数ヶ月差がありそうですね。

春は遅いけれど、ハウスの中は3月下旬にもなれば25℃を超えてくるので、
充分楽しめています。

>水を切って体液の濃度が大きくなると凝固点は下がりますね、

ハイ、この性質を利用しています。
断水は、脱水(細胞内の水分が少なくなる)ともいえるようです。

>春雷?

これも開花球かな?

いわたさん、こんばんは。

>人類の叡智でそんなことにはならないと

そう願いたいです。

>あっちゃ〜。これって凍ってるんですね

ハウスの中で-5,6℃を経験していた時とは違い、
外気温まで下がると、のきなみ凍ってますね〜。
氷の世界から戻ってこれることを待っています。

>茜丸の黄刺変種。

これも突き刺すような刺ですね。


写真は、また例によって艶雲です。手ブレしてしまいました。
時々点検観察しています。

変化はないようで、立春過ぎまでこのままいってくれると、
越冬成功の可能性大なので、もう一息です。

絶滅危惧種になっているのですね、
これは国内採取による苗だったようです。

おまけは、今日の外気温。

1月24日 
 0:00   2:00   3:10
 -4.0℃ -6.0℃ -8.5℃

放射冷却現象を観測しています。

記念すべき?1000回目の投稿でした!

刺男子 2018/01/24(Wed) 04:01 No.1000
Re: 寒波襲来トノ警報ニ接ス
いわたさん、みなさん、こんばんは

いわたさん
> >軽く狂い刺になってるのは、主人の性根の所為かも…バキッ!!☆/(x_x)

>説得力ありなすな〜
>納得いきますバキッ!!☆/(x_x)

でしょ!でしょ!!(=^・^=)
…ちなみに主人は兄いでありますっバキッ!!☆/(x_x)


いとうさんちの春雷、かなりの大球ですねぇ〜
植替え大変そうダケド、やっぱり迫力が違うっ\(◎o◎)/! あっしもこのサイズになるまでガンバロ〜(^0_0^)


刺男子さん
おっ、1000回記念投稿、オメデトウゴザイマス!
記念品はイワタ大明神印の刺物詰め合わせセット、ならびに大親分からの北海の珍味タラフク丼ツア〜ご招待!バキッ!!☆/(x_x)←ウソです


画像はアルゼンチンの南端、パタゴニア産のナントカサン。
地味〜な肌色のうえに、冬はさらに縮んで目立たないんで見つけるのに一苦労。。。

arion 2018/01/24(Wed) 21:26 No.1001
Re: 寒波襲来トノ警報ニ接ス
いとうさん、こんばんは。

今日は風ビュンビュン。圧倒的に寒い!
よって外へ出たくない。よって引き籠り。
よってやることがないので酒を飲むバキッ!!☆/(x_x)
←これはキッチンドリンカーと呼ばれるのでやめ(~_~;)

>暖かくて結局雪も積もらなかったので

それは良かったですね。
東京よりやはり暖かいのでしょうね。

>デンモザも南米物でしたっけ?

デンモザは南米物ですね。
現地の写真を見ると凄い刺。
赤刺種なんぞはフェロにも勝るとも劣らないですね。

刺男子さん、こんばんは。

>越冬成功の可能性大なので、もう一息です。

寒いけど、春は近い!
頑張りましょう。エイエイオッー!エイエイオッー!
←何を頑張るんじゃバキッ!!☆/(x_x)

>記念すべき?1000回目の投稿でした!

おめでとうございます!
でも何も出ないケドバキッ!!☆/(x_x)

arionさん、こんばんは。

>…ちなみに主人は兄いでありますっバキッ!!☆/(x_x)

あっ〜。モシモシ。
そんな事を言ってるとまた座敷牢幽閉ですよ。バキッ!!☆/(x_x)

>画像はアルゼンチンの南端、パタゴニア産のナントカサン。

ええっ!これ内地球!嘘やん!
マジで現地の写真と思いました。
おまけに左の方は蕾?

こっ、これって実生実根?
それともキリン大明神様?

画像は
こちらは普通の茜丸。

いわた 2018/01/24(Wed) 22:03 No.1002
Re: 寒波襲来トノ警報ニ接ス
みなさん、こんばんは。

arionさん、こんばんは。

アウストロカクタス

イイ! トッテモイイ!
ネットで記事探してみます。

いわたさん、こんばんは。

>暖かくて結局雪も積もらなかったので

今日は寒くなりそうですよ。

>でも何も出ないケドバキッ!!☆/(+_+)

何か期待してたけど、そんなに甘くはナカッタ!


写真
昨日撮影、フレーム栽培室の神仙玉
これなら凍っているのがわかるかな!

今日は、キターッ!-13.5℃
いよいよ佳境に入ってきました!
もっか、シバレと奮闘中!

刺男子 2018/01/25(Thu) 03:40 No.1003
Re: 寒波襲来トノ警報ニ接ス
いわたさん、みなさん、こんばんわ

さ、寒いっす! ((*_*))
雨除けハウス内は氷点下4℃。汲み置きのバケツは氷が2センチ、水やりしないからイイケド‥バキッ!!☆/(x_x)

パタゴニアさぼてん、好評につき昨年の開花写真おば。。。ヽ(^。^)ノ
♪ブタもオダテリャ木に登る〜♪ バキッ!!☆/(x_x)

あ、一応、内地球ではありますがキリンさんのお世話になってますので、悪しからず…エコエコ、アザラク…(^_^;)

arion 2018/01/25(Thu) 21:43 No.1004
嵐の前の静けさ

刺男子さん、こんばんは。

今日も穏やかな天気。

しかし今週水曜日より朝は氷点下、日中は5度以下とか
こっちでは珍しい寒となりそうです。

完全断水しているので大丈夫かと思いますが
念の為畑のビニールトンネルだけでも頭から
ビニールもう一枚掛けてみようかと思ってます。

>−5℃というのが分かれ道かもしれません。

今までの検証そして研ぎ澄まされた嗅覚からですね。

>−10℃できれば何度かやってくるといいです。
>そのほうが確かな結果が得られそうです。

経験とは偉いものですね。
腹が据わって少々の低温では動じなくなって
しまうものですね。

>ご安心ください、入ってますよ!(購入予定に)

もはや既に!参りました。m(_ _)m

じゃあ次にバキッ!!☆/(x_x)
カナダの国境近くにも生えているのがあると言う
エスコバリアなんかは?

>玉翁とか満月もそんなに強いほうではありません。

そうか〜。
雪のような白刺で寒さに強そうに見えますが
外見で判断すると痛い目にあうかもしれませんね。
←人間関係でもいえますな〜バキッ!!☆/(x_x)

画像は
エスコバリア アルバソニー

いわた 2018/01/21(Sun) 20:54 No.986 [返信]
Re: 嵐の前の静けさ
みなさん、こんばんは。

そちらより一足早く寒波が来たようです、
午前2時‐10.0℃、午前3時30分‐8.0℃まで上がりました。
南岸低気圧が近づいていますね。

いとうさん、こんばんは。

>年1度あるかどうかの雪の予報。
>暖房付きの温室育ち
>断水あまりしてないフェロ小苗。
>金鯱約40年生

断水していないものは凍結に弱いし、
厳しい寒さにならないように祈るしかないですね。
壁面近くと中央ではやはり違うようです。

いわたさん、こんばんは。

ハウスでのことですけど、
今年は、トンネル支柱とトンネルフィルムの間に、
アクリルボードを入れてみました、
これがハウス側面からの冷気を防いでるようで、
トンネル内は去年ほどには寒くなっていません。

>エスコバリアなんかは?

ずいぶん北のほうに生えているのですね。

今回は既に注文メールを送ったので、
次回の注文で、承知いたしました。

>外見で判断すると痛い目にあうかもしれませんね。

痛そうです。嫌な予感がしないでもないです。

>アルバソ二―

刺のコントラストがいいです。


写真
フレーム栽培室の
金杯 赤花短毛丸
金杯、今年大丈夫なら来年は露天ですね。

刺男子 2018/01/22(Mon) 04:12 No.988
Re: 嵐の前の静けさ
いわたさん、皆さんこんにちは (*^_^*)

さすがに大寒ですね〜〜今朝は今期最低のマイナス11℃ 最高がマイナス5℃と凍てついています。こう冷えると運転は滑りが少なくなります!?!?凍りが溶け始めるような、、、新雪が踏み固まって表面が溶け始める状況が一番滑ります。
路面は場所や状況によって刻々変化します (*^_^*)運転にはご注意下さい (*^_^*)

写真は今朝の我が家の玄関フード、、、この中の向かって右側にサボテンを置いています。無加温ですから、陽射しが無ければ、ほぼ外気温と同じになります。 (*^_^*)

major 2018/01/22(Mon) 14:46 No.989
Re: 嵐の前の静けさ
投稿したものの、写真が見えにくいので、
別角度のをもう一枚貼ってゆきます (*^_^*)
見えているアガベは吉祥天鉢径約45センチ

major 2018/01/22(Mon) 14:53 No.990
Re: 嵐の前の静けさ
いわたさん、みなさんこんばんは。
いわたさんとタッチの差で投稿してしまったのでコピペです。

いわたさん

>検疫書というのは必要だったのでしょうか?

到着時にはそういうのは付いてませんでした。
ただ、追跡サービスでは「あんたの国の税関?に今あるよ!」
っていうのがあったのでたぶん向こうが付けて送ってくれたんでは?

今回は個人の方でしたが、業者さんだったらちゃんと送るのでしょう。
ただ、私の見たオークション「eBay」では、
よっぽど貴重な苗や珍しいものでなければ
国内実生の方が割安だしいいかなと思います(^_^;)
ワイルドに育ってるのも多いですが日本へは発送しない方もチラホラ。

火剣峯

凄まじい刺ですね〜。
個人的には神仙より火剣峯や半島玉のほうが好きです。

刺男子さん

うちにはぬくぬく育った金鯱が多いです。
明日は年1度あるかどうかの雪の予報。
凍結防止に温室にロウソクでも焚いておこうかな(^_^;)
うちのはまだいいですが、もらったやつには暖房付きの温室育ちのもいるので
それが不安ですね。あとは断水あまりしてないフェロ小苗。

とりあえず移動とプチプチ、発泡スチロールでの防寒をしておきました。

arionさん

ferocactus gatesiiの写真、ありがとうございます。
こうして見るとやはり神仙系のように見えますね。
それにしても綺麗な棘ですな〜。

写真は暖房温室育ちで不安な金鯱約40年生
せめてもの足掻きで温室中央の温度変化が少なそうな場所に避難します。
プチプチの内張りも良さそうですね。

こっちでも早速雪がチラついてます。
みなさんも充分気をつけて過ごしましょう(^_^;)
私は朝の路面凍結と電車の乱れで大学に行けないカモ(ーー;)

いとう 2018/01/22(Mon) 17:04 No.991
Re: 嵐の前の静けさ
ついでに蕾が上がってきた王冠竜

夏に雨に当ててしまったのでちょいと汚いです(ーー;)

いとう 2018/01/22(Mon) 17:06 No.992
Re: 嵐の前の静けさ
刺男子さん、こんばんは。

今日は午後より雨になりました。

>壁面近くと中央ではやはり違うようです。
>アクリルボードを入れてみました

まめな方はそこまで考えてやっておられますね。

中央の方が暖かいかと思います。たぶん(~_~;)
そうゆう方は寒さに弱いパキポなどを配置されてます。

これは他の季節でも一緒でハウス内の暑い所とか
風が良く通る所、乾燥しやすい所などを考えて
試行錯誤しながらサボテンを配置されてます。
このような方が名人と言われる所以かと。

えっ?私ですか?
言わなくとも皆さんはもう御存知かと(~_~;)

>次回の注文で、承知いたしました。

あっ、あの〜。
底なし沼に足の半分程突っ込まれておられるかと。
どこかで抜かないと大変なことにバキッ!!☆/(x_x)

majorさん、こんばんは。

>路面は場所や状況によって刻々変化します

成程。冷えすぎると滑りにくくなるとは。
さすが雪国の方の知識は半端ではありませんね。
こちらでは5センチ積もっただけでパニック状態になります。

それにしても凄い積雪量。
やっぱり冬の北海道には行かないでおこうっ〜とバキッ!!☆/(x_x)

いとうさん、こんばんは。

>到着時にはそういうのは付いてませんでした。

税関で開けられた場合でも検疫書は回収しないので
たぶん付けておられなかったようですね。
ヤッパリ!GIFT!(~_~;)
終わりよければすべて良し。

>とりあえず移動とプチプチ、発泡スチロールでの防寒をしておきました。

それぐらいで良いかと思います。

私も防寒の為ビニールを掛けようと思いましたが、肝心のビニールが
残り少なくてパス。(~_~;)
結局、応急処置として新聞紙を頭から被せるだけの方法にしました。

検証はしてはいませんが、たぶん少しはましかと。
実例では昔、駅の構内で浮浪者さんが新聞紙を頭から被って
寝ていましたので効果はあると思いますバキッ!!☆/(x_x)

>私は朝の路面凍結と電車の乱れで大学に行けないカモ(ーー;)

自然は偉大です。人智の及ぶところではありません。

ではドウスルことも出来ないので、あきらめて自主的に
「サボテンの休日」にしましょうバキッ!!☆/(x_x)

>ついでに蕾が上がってきた王冠竜

王冠竜は早春の花ですね。
こちら新緑玉に蕾が上がってきてます。

寒いのでハウスの方も放置状態ですが(~_~;)
たまに覗くとツルピニ、ネオポル、マミが蕾を上げてきて
いるようです。
春は近いぞ〜。

画像は
雪の話題なので
春の淡雪。。。
マミ 銀霞

いわた 2018/01/22(Mon) 21:43 No.994
Re: 嵐の前の静けさ
いわたさん、みなさま、コンバンワ(^_^)/

こちらは冷たい雨が降ってます。
今のところ雪になる気配はないものの、今年はやっぱり寒いデスっ ((+_+))
いつもなら雨除けだけで屋外放置のメセン類、ビビッてハウス内の通路に取り込んでマス。
生長期なんで日照不足が心配ですが、凍害と徒長のどっちを取るかですね〜(@_@;)
あっ、しもたッ!(*_*)!ココはトゲモン専用掲示板ってコト忘れてたっバキッ!!☆/(x_x)

いわたさん
パタゴニア産のナントカさん、たしか兄いの古い種まきリストに在ったような…(・_・;)
難発芽性と聞いてますんで、現物があるかどうか探しときますデス(@_@)))

えぇ〜と、画像はとりあえずトゲモンってことで、テキサス産野良タネの綾波などをば。
ナゼか軽く狂い刺になってるのは、主人の性根の所為かも…バキッ!!☆/(x_x)

arion 2018/01/22(Mon) 21:52 No.995
Re: 嵐の前の静けさ
みなさん、こんばんは。

majorさん、こんばんは。

>さすがに大寒ですね〜〜

東京で大雪になり、
低気圧が北上してくると心配です。
>嵐の前の静けさ
です。

激的な気象現象が増えているようで、
サボテンを育てられる気候が二十年後、三十年後まであるのかと、
取り越し苦労もしています。

>見えているアガベは吉祥天

アガベも寒さに強いのですね。

いとうさん、こんばんは。

>こっちでも早速雪がチラついてます。

いろいろな意味で気をつけます。

>王冠竜

この時期から蕾が上がってくるとは、
無加温とは半年くらい違いそうです。

いわたさん、こんばんは。

>まめな方はそこまで考えてやっておられますね。
>試行錯誤しながらサボテンを配置されてます。

見習わなくてはいけません。

>どこかで抜かないと大変なことにバキッ!!☆/(+_+)

今は、サボテンに限らず、できることが増えていくのが嬉しい。

>王冠竜は早春の花ですね。

そうか、早春の花だったのか。

arionさん、こんばんは。

>パタゴニア産の…

bertinii
patagonicusを注文しています。

>テキサス産野良タネの綾波

風格あるのだと思います。


写真
ベランダ水槽のものです。右は天平丸。
例によって凍っています。

植物の凍り方には器官外凍結、細胞内凍結、細胞外凍結の3通りあり、
凍死しないためには、
細胞外凍結において、細胞壁が壊れなければいいということかな。
細胞が壊れないための仕組みを持っている植物(程度の違いはある)と、
持っていない植物とがあるということらしい。

氷点下に耐えられるのは、
休眠というより、体をつくり変えた結果だといえるそうです。

刺男子 2018/01/23(Tue) 04:01 No.996
Re: 嵐の前の静けさ
いわたさん、みなさんこんばんは。

いわたさん

>終わりよければすべて良し。

私も発送の時に個人だから書類付けてくれるか不安でしたが…
没収にはならなくて良かったです(^_^;)

とりあえず小苗は家の中に避難、
大きいのは中央に寄せる感じで対応しました。

雪は乗り越えたし、暖かくて結局雪も積もらなかったので
問題なしでしたが(ーー;)

頂いたカキコの新緑玉も胴切り発根後、順調です。
1年間つけっぱなしだった蕾をそのまま膨らませてきてます(^_^;)

この寒波が過ぎ去れば春の到来かな?と期待してます。

刺男子さん

春の到来は北海道と数ヶ月差がありそうですね。
ゆっくり蕾が膨らんで3月には咲くと思います。

>植物の凍り方には3通りあり

雑草や樹木はへっちゃらなのでサボテンや多肉の
水を溜め込む構造も少なからず影響してるでしょうね。

水を切って体液の濃度が大きくなると凝固点は下がりますね、

写真は春雷?

いとう 2018/01/23(Tue) 21:04 No.997
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -