おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
春は足踏み

刺男子さん、こんばんは。

今日は足踏み。
一日中寒い日でした。

>壊滅的状況です。

玉砕とはいえ、今後の越冬対策の糧に
なってくれたかと。

>3号栽培室のコリファンタ 象牙丸

2pくらいになれば赤ちゃんから抜けて
耐寒力もついてくるものなのですね。

いとうさん、こんばんは。


いわたさん

>6月位なんでしょうかね?

実生1年生で1.5cmなら上々の出来と思います。

実生1年未満の内に植え替えた経験は始めた時から2回位だったと
記憶しています。
確かに植え替えないものと比べて大きくなります。

が、極小苗の植え替えは神経を使うし煩雑。(~_~;)
そして腐る確率が高くなります。よって私は今では早くても1年後です。

また種が小さくて苗も小さいギムノ等はさらに半年伸ばして秋にやって
います。これで全滅するという事は少なくなり歩止まりは良くなりました。
急がば回れではありませんが、自分がストレス掛からないようにしています(~_~;)

>なぜか今年は沈黙です。

根が蔓延っているのに何故か成長しない。
そしてそのままにしておくと2,3年後に突然動く
という事良くあります。所謂拗れですね。
原因は何なんでしょうね?。
対策として暖かくなったら腰水してみると聞いています。
→実際やった経験はないですが
→それまでにお陀仏になってるから(~_~;)

画像は
春を待つエビ。

いわた 2018/02/11(Sun) 21:17 No.1068 [返信]
Re: 春は足踏み
みなさん、こんばんは。

こちらも春は足踏みでした。
ほぼ一日弱い雪でした。
日中は寒くなかったけど、今夜はまた下がっています(‐8℃くらいまで)、
今日日中もほとんど上がらない予報です。

いとうさん、こんばんは。

>寒波は乗り切ったようです。

急に春になったような。菜の花も咲きそうですね。

いとうさん、いわたさん。

>2cm程度のちいさなサボテンも北海道の冬を乗り切るとは。

>2pくらいになれば赤ちゃんから抜けて
>耐寒力もついてくるものなのですね。

小さいと寒さに弱い、と考えてしまうのは人情でなかなかそこから抜け出せませんが、
少ない知識で考えているのは、
凍害とか凍傷というのは、
細胞レベルで起きることのようなので、
球体の大小はあまり関係していないのではないか、
ということです。

いわたさん、こんばんは。

>今後の越冬対策の糧に
>なってくれたかと。

温度計の数字には表れない要因もあるのかもしれないけど、
‐10℃付近は一つの壁だったようです。

同じ温度でも、熱源(地面)があるのとないのとでは、
感じ方が違うのでは。

>私は今では早くても一年後です。

私も植え替えの技術のため、
夏に播種、扱いやすくなる翌春植え替えにしています。

>春を待つエビ。

活きのいい、伊勢海老が思い浮かびました。


写真
3号栽培室の新産地金鯱

以前の写真と変わっていません。
これも越冬成功でしょう。

刺男子 2018/02/12(Mon) 03:34 No.1069
Re: 春は足踏み
刺男子さん、こんばんは。

今日も日中雪が舞う天気。
足踏みどころか後退です。
が、14日から寒さが緩むそうです。

>球体の大小はあまり関係していないのではないか
>細胞レベルで起きることのようなので

成程。そこまで考えが及びませんでした。
説得力あります。

>‐10℃付近は一つの壁だったようです

普通の品種は‐10℃がボーダーライン。

一般に寒さに滅法強いと言われるエビ、テフロ、北米難物
などはどうなんでしょうネ?‐10℃本当に平気なのか?
来季の新たな課題ができましたよ〜バキッ!!☆/(x_x)

>これも越冬成功でしょう。

正直、私の眼から見るとアウトのように見えるのですが(~_~;)
良く見ると生きているような?
刺男子さんが仰るように大丈夫なんでしょうね。

画像は
なんの変哲もない金鯱。
でも、驚くこと勿れ!
4号鉢に植えて15年ほど。
自慢にはなりませんが1回も植え替えてません!

いわた 2018/02/12(Mon) 21:24 No.1070
Re: 春は足踏み
みなさん、こんばんは。

いわたさん、こんばんは。

今夜は再び寒いです。
このままだと、今月末になってもハウスのトンネル外せないのでは。
14日以降に期待します。

>‐10℃がボーダーライン。

跳ね返されてしまいました。
外気温には太刀打ちできなかったという感じです。

>‐10℃本当に平気なのか?

‐10℃どころか、−20℃でも平気なものはあるようです。

>アウトのように見えるのですが(~_~;)

育て方が下手(T_T)
凍害に遭っているようには見えませんので。

>4号鉢に植えて15年ほど。

15年経ってもこれだけの刺が出るのですね!
金鯱は丈夫。
地面に根付いている?


難物サボテン苗育つかな?、種子の到着間に合うかな?
あちこちに手配中。
計画通りにいくとうちの庭としては、
大々的なサボテン栽培になりそう。
変態さんの仲間入りです!

写真
3号栽培室の、こちらも育ての下手なヘキラン
色悪いけど温かくなれば復活するのでは。

いつもできの悪いサボテンでごめんなさい。
育て主に似てしまった。

ベランダフレーム以外では、
凍害被害はわずかで済みそうです。

刺男子 2018/02/13(Tue) 03:41 No.1071
Re: 春は足踏み
いわたさん、みなさんこんばんは。

いわたさん

>腐る確率が高くなります

去年の経験からわたしもわかってましたが〜
あまりにギュウギュウなのと、もっと真冬に植え替えた袖ヶ浦と
僅かに残ってた金鯱の実生苗は平気だったので決行しちゃいました。

ギムノは一番最初に種をまいた時にたしか天紫玉?をまいたのですが
たしかに小さくて植え替えたら消滅しました。
1年半放置を実行してみます。

>暖かくなったら腰水してみると聞いています。

去年も仰ってましたね。
神仙の子苗に実践したら本当に復活したのを覚えてます。
あまりにも動かなかったら試してみます。。

15年植え替えずの金鯱

見事なトゲですね!
金鯱は植え替えられてないほうがカッコいいような気がするのは
気のせいでしょうか?

15年とは私にとってはあまりに長いです。。
遡れば小学生になったかなってないかくらい?

刺男子さん

>球体の大小はあまり関係していないのでは

大きいもののほうが細胞が多いから害を受けやすいかもしれません。
たしかにうちでも大きい小さいでの差は高温と強光くらいしかでませんね。

新産地金鯱

これでも生きているのですね!
たくましさに感激します。

写真はうちの新産地金鯱を貼ります

いとう 2018/02/13(Tue) 18:35 No.1072
寒さ緩む

刺男子さん、こんばんは。

今日は風もなく少し春めいた一日でした。
今度の火曜日は寒さが戻るようですが
それ以降は最高気温が久しぶりに10度を超えるとか。

>難物王国ユメ見ています。

きっと刺男子さんならその道を極められるかと。

北米難物は気候に左右される事が多いので
専門にやられている方は少ないはず。
第一人者になれる可能性が大だと思います。
→そのかわり変人扱いされるかも知れないバキッ!!☆/(x_x)

>無加温ハウスの凍害兜

見事な討ち死にでしょうか?
手厚く葬ってあげて下さいバキッ!!☆/(x_x)

いとうさん、こんばんは。

>神仙金鯱は悪くは無いですが

いやいや。解りませんよ〜。
見たのはかなり大きそうです。

刺物は大きくなると大お化けするので
期待出来ると思いますよ。

>金冠竜と交配

寡聞にして金冠竜との交配種は聞いたことは
ないですが、刈穂との交配種は出ています。

刈穂と金冠竜は繋がりがありそうなので
可能かも知れません。
ひょっとしたら誰もやっていないのかも?
金鯱の透明感をもった金冠竜出現も可能かも
知れませんよ!

>光琳玉でしょうか?

ギムノを専門にやっておられ「ギムノカリキウム総覧」と言う本も
出されている先輩が京都の会におられます。
その方に聞いたら、光琳玉の地方変種らしいです。

数十年前に出たらしいですが、発見者が産地を明かさなかったので
そのまま不明種になっていたのですが、最近(と、言っても十数年前?)
に偶々再発見されて出回るようになったようです。
基本種より刺が激しそうです。

もしご興味があればその方のブログチェックしてください。

「ギムノフォト プロムナード」
http://tytsks.blog39.fc2.com/blog-category-10.html

>鯱頭と金冠竜の交配

おおっ!これ刺幅広くて良いですね!

画像は

黄金冠x鯱頭

いわた 2018/02/09(Fri) 21:04 No.1061 [返信]
Re: 寒さ緩む
皆さん こんばんは
さきほど ヤフーで新しい単語を勉強しました.この前 言った黒営養鉢って 実は
中国語です. 日本語の場合は ポリ鉢 黒丸と呼びます.最近 日本語能力はもっと
下手になり 文法の使用も混乱になってしまいました. 明日から 朝 <日本語会
話1000句>を大きな声で朗読訓練をやりはじめます.

刺男子 さん こんばんは
>奇妙な偶然という道を歩いてきたように思います。
考えていることが一緒だったのか?
修復するための自己補完というところでしょうか。

おっしゃったとおり 自己補完です. 中断の十数年は人生のあざやかな時期です
が サボテンーと伴っていなかったことを考えて 常にがっかりします.

>割刺はどうして出るのでしょうね?
私もよくわかりませんが 植物細胞は倍体になる説がありますけど やはり 岩田
さんが言った<栽培の優劣も関係するんでしょうね。>ですね.

いとう さん こんばんは
>わたしもそれを考えて、どうやったら中断せずに済むか?
今から悩んでます。
絶対!絶対に中断しないでください.後悔しますよ.私が言う中断はサボテンーの培
うことをやめるだけではなく サボテンー界の動向\情報\コンミュニケなどなど
一切関心しない.今後もサボテンーと関係ないと思って 心を配りません.

ギムノー類とげもの は色はちょっと渋いですけど 凄い魅力を持ちますよ. ぜひ
栽培を試みてください.

鯱頭と金冠竜の交配 太刺狂刺で 見事です.

いわたさん こんばんは
>中断したが故に却ってサボテン愛が深まったとも言えるでしょう。
少年時代はサボテンーを買うために 食費と小遣いを使て おやじに殴された記憶
を残されています. 今や そんな勇気を持っていないかもしれませんね(笑).

>「ギムノフォト プロムナード」
残念ながら 外国の通路で登録できません.
光琳玉ですね.素晴らしいです.日本の村主スーパー光琳と岡山タイプと渡辺光琳っ
て こちの愛好者中にも知名度が高いです.

今年 私の挑む方向はフェロ類に移動します.種子から競作しましょうか?

蕾出来た鶴巣丸です.

amp;#26472;威利 2018/02/10(Sat) 01:53 No.1062
Re: 寒さ緩む
みなさん、こんばんは。

いとうさん、こんばんは。

>鯱頭は金冠竜との交配ですが
>開花株で面白いのGETしたので

気に入るようなサボテン出てくるといいですね!

>人間同様、慣れは必要みたいですね。
>雪国に突然飛ばされたら

季節外れの話ですが、
私たちは暑いのは苦手です、本州の夏には倒れてしまうのでは、
昭和の頃には熱中症という言葉を聞いたことがなかったように思いますが、
紫外線が増えたことによる症状なのではと勝手に考えています。

ごめんなさい、平成生まれということを忘れていました。

ところで、相当なコレクションお持ちですね、
将来が楽しみなサボ達です。

>鯱頭と金冠竜の交配
>もう蕾が少し除いてます。

こういうトゲ好きです。
蕾、本当に早いですね、
うちの無加温栽培も日当たりのいいほうのハウスは、
春を感じてきているようで楽しくなってきました。

いわたさん、こんばんは。

今日は最高4℃の予報が出ています。
月、火は寒くなるようですが、
それ以降はこちらも暖かくなる傾向のようです。

>変人扱いされるかも知れない

無加温栽培…氷点下で育てているだけでも既に変人かも知れません。
バランス考えないといけませんね。

>見事な討ち死にでしょうか?
>手厚く葬ってあげて下さいバキッ!!☆/(+_+)

過去四年間で沢山の犠牲を出してきましたが、
だんだん防寒が上手になって、
一年目より2℃〜3度、最低温度を高く出来るようになってきました。
今、ハウスでの栽培が軌道に乗りつつあるのは失敗のおかげだと思います。
自信つきすぎて今年はさらなる失敗をしたかも知れませんが。

威利さん、こんばんは。

>蕾出来た鶴巣丸です.

もう春ですね。今月中に開花するのでは。

札幌では雪まつりが開催されています。
街を歩くと雪まつりの時期に限らず、
海外の観光客が増えたことを感じます。

このまつりが終われば、
気温も上がり始め季節も街も春に向けて動き出しそうです。


3号栽培室の写真
無加温栽培も終盤になりました。
防寒充分な設備では、フェロは楽勝なのでしょう。
今まで無事でいたサボ達は今後も大丈夫でしょう。
後は2,3か月後の成長開始を待つ、というところです。

今までの技術(と言えるほどではありませんけど)では成長することでいっぱいでした、
今年からは出来栄えにも神経を使っていきたいです。

刺男子 2018/02/10(Sat) 04:17 No.1063
Re: 寒さ緩む
いわたさん、みなさんこんばんは。

こちら今日は最高気温14℃。
明日からはほとんど2桁超えそうです。

いわたさん

>刺物は大きくなると大お化けするので期待出来ると思いますよ。

今日見てみたら増稜が進行中でした。
刺も増えてきてておっしゃる通り期待できそうです。

金冠竜に限らず色々交配してみたいです。
金鯱が咲いたらとりあえず冷凍保存します。
フェロたちはだいたい盛夏に咲くはずですが、
金鯱の開花時期はよく分かりません。
初夏でしたっけ??

ギムノフォトプロムナード

何度か覗いたことはあります。
写真しか見ずに読み流しばかりでしたが、
今1度見直してみたら面白そうですね。

このフェロの交配
ある関西の個人の方からの購入品です。
扁平な球体といい、刺の詰まりといい、いいですね〜。
なかなか面白い一品です。

威利さん

>絶対に中断しないでください.

現役でもずっと続けている方もいらっしゃいます。
わたしもなんとか中断を避けたいです(ーー;)

刺男子さん

今日のこっちと北海道の差は20℃くらいあるのでは?
外での作業は半袖でもいいくらいでした(ーー;)

>平成生まれということを忘れていました。

私が覚えている限りでは熱中症という言葉はずっとありましたね〜。

>相当なコレクションお持ちですね、

10年後、20年後を考えて沢山集めているところです。
今年は実生も沢山して、今日植え替えましたら
盆栽用の標準?の長角鉢に4つ分。
順調に行けば60くらい苗が得られそうです(^^)
全てはいわたさんの種子のおかげです(^^♪

写真は神仙金鯱

いとう 2018/02/10(Sat) 15:14 No.1064
Re: 寒さ緩む
威利さん、こんばんは。

こちら久しぶりの雨です。
しかし氷雨ではなく季節の転換点を感じます。

>大きな声で朗読訓練をやりはじめます.

向学心旺盛でなりよりです。
私はもうそんな気力もなく、仮にやったとしても
覚えたと思ったものはその場で忘れてしまいます(泣)

>絶対!絶対に中断しないでください.

これは先輩である威利さんから、いとうさんへの
アドバイスかと。

>おやじに殴された記憶を残されています

私はサボテンでそこまでやられた事はないですが、
他の事で良く殴られました(泣)

>今年 私の挑む方向はフェロ類に移動します.

おおっ!奇貨居くべし。

まず手始めにフェロの実生なんて如何でしょうか?
フェロ交配雑種の種子です。
差し上げたりして残り少ないですが経済産業省に内緒
でバキッ!!☆/(x_x)エアメールでお送りできますよ。

鶴巣丸。

中々の青磁肌。
早くも蕾を上げてきたのですね。
うちは完全断水しているため、どの種類も出蕾が遅いです。


刺男子さん、こんばんは。

>私たちは暑いのは苦手です、本州の夏には倒れてしまうのでは

かなり以前の話ですが、夏に青森在住の知人が小学生の息子
さんを連れて新大阪駅のホームに降り立った時、あまりの
暑さに息子さんが泣き出したとか。

大阪の夏は逆の意味で北海道の真冬にも匹敵するような環境でっせ(~_~;)

>だんだん防寒が上手になって、

一歩後退二歩前進ではありますが着実に進歩しておりますな〜。

>無加温栽培も終盤になりました。

長かった冬もそろそろ終わりに近づきあとは
暖かくなるのを待つ。心も温かくなってきますね。

いとうさん、こんばんは。

>金鯱の開花時期はよく分かりません。

あっ!そう言われたら花を実際に見た記憶がない!
6月位なんでしょうかね?

>今日植え替えましたら

もう植え替え始められたのですね。

私はまだまだ寒くてやる気が出ないので(~_~;)
特別なものを除いて、早くても3月に入ってからでしょうね〜。

画像はギムノ。

たぶん猛鷲玉だったと思います。
→違うかも?(~_~;)

いわた 2018/02/10(Sat) 20:47 No.1065
Re: 寒さ緩む
みなさん、こんばんは。

いとうさん、こんばんは。

>今日は最高気温14℃

14℃というのは、こちらなら5月の気温かな。
札幌も10日は玄関前で5.5度まで上がりました、3月並みというところかな。
火曜はまた寒くなる予報ですが、
今までのような寒さは来ないだろうと、
楽観的に考えています。

>神仙金鯱

神仙の血が強く出ているように見えます。

いわたさん、こんばんは。

>大阪の夏は逆の意味で

恐れ入ります。

>心も温かくなってきますね。

ウキウキしてます。

>一歩後退二歩前進

限界に挑戦してもらっていたベランダの水槽、フレームの中のサボテンは、
壊滅的状況です。
−9℃とか−10℃という日が何度もありました、
日中もかろうじてプラスになればよいほうでした。
凍り方が激しかったです。
ベランダ下のものも壊滅です。

ハウスや3号栽培室は、
地熱を利用できていたことがよく解りました。バキッ!!
(バキッ を使わせていただきました)

>猛鷲玉

今年はみなさんのようなサボテンに少しは近づけるかな?


写真
3号栽培室のコリファンタ 象牙丸

小さな(2pくらい)サボテンも寒さに耐えてくれました。
もう大丈夫でしょう。

刺男子 2018/02/11(Sun) 04:00 No.1066
Re: 寒さ緩む
いわたさん、みなさんこんばんは。


いわたさん

>6月位なんでしょうかね?

調べたら開花報告のようなブログの記事は
梅雨明けから8月が多かったです。
うまくいけば今年そのままフェロと交配できるかも??

>もう植え替え始められたのですね。

昨日休みだったのとたまたまとても暖かかったので
前回から2年経過したものや巨鷲玉、そして実生苗を植え替えました。
一年近く植え替えずそのままでしたが順調なものは1.5cmくらいの径。
なかなか先が楽しみですが、去年も1回目の植え替えが上手くいかずに
多数落としました(ーー;)
今年はしばらく室内の窓辺管理にしてみます。
キリンウチワはそこだと葉も落とさずずっと育ってます。

刺男子さん

もうこっちは寒波は乗り切ったようです。
1週間のうち、10℃超えの気温の日が6日。残りの1日も9℃の予報。
本格的に春となりそうですね。

2cm程度のちいさなサボテンも北海道の冬を乗り切るとは。
うちのほうで寒さで落ちるサボテンは少なそうです(^^♪

写真は文鳥丸
なぜか今年は沈黙です。
去年根を整理せず植えたから早々に詰まったんでしょうか?

いとう 2018/02/11(Sun) 18:45 No.1067
どこまで続くぞこの寒さ

刺男子さん、こんばんは。

冬将軍の断末魔でしょうか。
今日も厳しい寒さ。


>鉢や用土はあまり考えず使っていました
>日当たりや風通しを考えているのですね

共通して言える事は、研究心旺盛でまめな人は作りが上手です。
雑草一本も生えさせてませんね。よって管理が行き届いている証拠。

面倒なことは「パス。パス。パスツールバキッ!!☆/(x_x)の
私には無理ですな〜。(~_~;)

>心配になることがたくさんある現実ですが

はあ〜い。皆んな多かれ少なかれ一緒ですよ〜。
不安のない世界なぞありませぬ〜(~_~;)

>多くのサボテンが−2℃くらいから−6℃くらいの範囲で、
>寒さに耐えられるということは解ってきました。

これ凍害を心配する多くのサボテン人の不安から救う
お言葉かと。

>数十年も経ってやっと芽が出てきました。

これぞ大器ハ晩成スでありますな〜。

>いつもトゲに癒されて?います。

はいそうです。刺を見ているときだけ
桃源郷を徘徊していますバキッ!!☆/(x_x)

画像は
私にとっての黒源郷(~_~;)
ロビ フェロックス

いわた 2018/02/07(Wed) 22:12 No.1052 [返信]
Re: どこまで続くぞこの寒さ
皆さん こんばんは
春節の雰囲気がますます 濃くなりつづ 鶏年もうすぐ終り 犬年は来ます.
中学二年から 高校二年まで およそ 4年間のサボテンー歴だっけ?その後中断し
十数年を経りました. 再開の時 もし中断しなかったら 今はどんな成果をおさめ
ましょうか. 中断した十数年を取り戻せと考えて あちこちでサボテンーを入手
しています. 今考えると 実は自分が少年時代に戻れないことに直面できません
.自己補償の心理でしょうね.
今 結果より経歴はもっと重要だ と明らかに判りました.

実生3年未満の摩天苗です. 二本の中刺は割刺ですが 後継のは割刺ではありませ
ん.

amp;#26472;威利 2018/02/08(Thu) 00:10 No.1053
Re: どこまで続くぞこの寒さ
みなさん、こんばんは。

いわたさん、こんばんは。

>今日も厳しい寒さ。

7日も寒かったですね。
‐11℃くらいになりました、それでも日中太陽が出ると春っぽいです。

>よって管理が行き届いている証拠。

一度にできないから少しずつしていきます。
それでも、数年がかりでカタバミを相当減らしました。
だけど、今度はハコベが増えてきました。

>桃源郷を徘徊していますバキッ!!☆/(+_+)

ペディオやスクレロは、外気温に近いフレーム栽培室に向いていそうです。
無事、発芽、成長すればですけど。

>ロビ フェロックス

ロビは短い刺が密にあると思っていたけど、立派なトゲですね。

威利さん、こんばんは。

>自己補償の心理でしょうね.
>結果より経歴はもっと重要だ

奇遇という言葉がありますが、
それとは違う、奇妙な偶然という道を歩いてきたように思います。
考えていることが一緒だったのか?
修復するための自己補完というところでしょうか。

>割刺

割刺はどうして出るのでしょうね?


写真
無加温ハウスでは、そろそろ失敗という結果が出てきました。
昨年同様、結露により天平丸と兜に凍害発症です。

ネットを見ていたら、水滴のつかないPOフィルムを見つけたので、
来シーズンは結露にサヨナラ出来そうです。

刺男子 2018/02/08(Thu) 03:24 No.1054
Re: どこまで続くぞこの寒さ
いわたさん、みなさんこんばんは。

いわたさん

竜女冠ですか、それならむしろいいですね(^^♪
何が出るか楽しみにしながら撒きたいと思います。

わたしもまだ学生の身分なので、
中断せざるを得ないことになるとも限りません。
あ、でもジョンストンやらなんやらを実生して開花させたいので
そうやって目標作ってなんとか続けようと思います。

>真珠、日の出、赤鳳に関しては何も申し述べる資格ございません(~_~;)

真珠は復活ですが、9月に入手した赤鳳はまだ動かずです。
まあうちに来た時からなんか怪しい感じでしたが(ーー;)

そのへんは難しいオーラ出てますね〜。

そういえば、刈穂の開花株と神仙のたぶん開花株?を入手したので
順調に行けば金鯱との交配やってみます(^^♪
花王丸とフランクリン太平丸も来たのでうまくいけば金鯱と交配です。

あ、でも肝心の金鯱が今年咲くかどうか分かりません(ーー;)

刺男子さん

私んとこはわりと内陸の方で、
黒潮で暖かいと言われる千葉南部では寒いところです。

マリンスタジアムは開発部の海辺に建てられて風ビュービューですね(^_^;)

>王冠竜をいくつもお持ちなのですね!

7本所有して4本が開花株です。
王冠竜、植物らしからぬ肌の色彩で綺麗ですね。

>‐1℃くらいが凍傷を受けない限界なのかも

ではうちの方では悪くて凍傷程度の被害で済みそうですね。
外に出してたギムノや金盛丸はへっちゃらなのに、
ハウスの金鯱大苗が凍傷を負うなんておかしな話ですが(^_^;)

威利さん

>もし中断しなかったら 今はどんな成果をおさめましょうか

わたしもそれを考えて、どうやったら中断せずに済むか?
今から悩んでます。

ギムノのコレクション豊富ですね。
わたしも何度か興味は湧きますが、如何せん品種が多く見た目も似てて、
専門にしないと分からないことが多そうなのでまだ手を出さずです(^_^;)

写真は王冠竜
これの子吹いてたのは2つのうちひとつ、輸送中に取れてしまいました。。

いとう 2018/02/08(Thu) 18:39 No.1055
Re: どこまで続くぞこの寒さ
皆さんこんばんは (*^_^*)

全国的にまだまだ寒さ続いております 寒中見舞い申し上げます (*^_^*)

札幌も時々、マイナス10度くらいの冷え込みも、ありますが〜〜最高気温がプラスに近くなって、、、春近しを感じます。厳冬期は峠を越えました (*^_^*)

何と言っても陽が長くなったこと実感しています。運転していても陽射しが勝って、黒いアスファルトが見えている路面は、より蓄熱効果で路肩の路面が溶け始めました。
陽当たりの無い場所はまだ雪と氷!!!夕方から急速に凍ってアイスバーンです。
これから3月中旬までは溶けと 凍りの繰り返しです (*^_^*)

岩田さんのロビビィア フェロックス群団は、熱き情熱家の面目躍如ですねぇ!!!!
素晴らしい その意気見習わなくちゃ〜〜!!!!

写真は完全なる ネタ切れ、、、凛列丸major 実生から出現した飛び苗です (*^_^*)

major 2018/02/08(Thu) 19:02 No.1056
Re: どこまで続くぞこの寒さ
威利さん、こんばんは。

こちら雪がチラつく寒い日でした。

>中断した十数年

日本ではバブル崩壊後は「失われた10年」とか表現しています。
が、しかし驕り浮かれていた世相を正常に戻した10年かと。
中断したが故に却ってサボテン愛が深まったとも言えるでしょう。

> 二本の中刺は割刺ですが 後継のは割刺ではありません.

うちに古い頂物ですが割れ刺神仙玉があります。
頂いた時は割れていましたが、うちに来てから元に戻りました(涙)

小さいうちは特徴が出ず、ある程度大きくなってから出現するのでは
ないでしょうか?
また栽培の優劣も関係するんでしょうね。(-_-;)

刺男子さん、こんばんは。


>数年がかりでカタバミを相当減らしました。

うちは在職中の2年前まで幅を利かしていたのが
カタバミと多肉の不死鳥。

サボテンハウスと言うよりは「カタバミ不死鳥ハウス」
でした(-_-;)→サボテンの苗にくっついてを渡り
北海道にも行ってるはずバキッ!!☆/(+_+)

>無事、発芽、成長すればですけど。

今年は難物王国開闢の年になるかと。

いとうさん、こんばんは。

>中断せざるを得ないことになるとも限りません。

長い人生。
順風満帆ばかりとはいきません。
山あり谷あり。楽あれば苦あり。良いことは続かないがまた
悪いことも続かない。有為転変が常でありますな〜。
よって腐らず奢らず続けることが大切なのですな〜
→年寄りの格言(-_-;)

>金鯱との交配やってみます(^^♪

フェイスブックに神仙x金鯱の画像が出てましが
もう赤刺金鯱でした。
また鯱頭x金鯱も超豪刺。

いとうさんはお若いので結果を見ることができると思うので
是非異種交配チャレンジしてくださいな。

majorさん、こんばんは。

>凛列丸major実生から出現した飛び苗です (*^_^*)

これまた超超っ〜豪刺!
素晴らしいですね!

これだから実生はやめられん!

画像は

Gymnocalycium cardenasianum v. armatum

いわた 2018/02/08(Thu) 21:53 No.1057
Re: どこまで続くぞこの寒さ
みなさん、こんばんは。

majorさん、こんばんは。

>春近しを感じます。

近いですね〜。このまま雪も降らないでくれるとありがたいです。

>凛列丸major実生から出現した飛び苗です(*^_^*)

角ばった刺が好きです。

いとうさん、こんばんは。

>‐1℃くらいが凍傷を受けない限界なのかも

‐1℃くらいというのは、コピ竜魔玉の場合ですヨ。
金鯱は凍傷になりやすいので。
普段暖かい場所ですと、
たまに寒くなったとき凍傷、凍害受けやすいです。
凍傷を受けた大苗、腐れが入らなければ良いですけど。
金鯱の無加温栽培には手古摺っています。

>写真は王冠竜

このような巨大球は植物園とか一部の栽培家のところへ行かないと、
お目にかかれませんね。

いわたさん、こんばんは。

>今年は難物王国開闢の年になるかと。

ユメ見ています。

>cardenasianum v. armatum

こんなに小さいうちから素晴らしい刺です。


写真

無加温ハウスの凍害兜
これから腐れが進行していきます。
結露水を吸収しているので中から腐れてきています。

刺男子 2018/02/09(Fri) 03:37 No.1058
Re: どこまで続くぞこの寒さ
いわたさん、みなさんこんばんは。

いわたさん

>腐らず奢らず続けることが大切なのですな〜

いわたさんの座右の銘はたしか
「継続は力なり」でしたね。
サボテンだけでなく何をとってもその通りと実感します。

>もう赤刺金鯱でした。

うちの神仙金鯱は悪くは無いですが
赤刺金鯱かと言えば否と言わざるを得ません(ーー;)

鯱頭は金冠竜との交配ですが開花株で面白いのGETしたので
それでやってみます。

金冠竜と交配するだけだとあんまり色は面白くなさそうですね。
金鯱の透明感をもった金冠竜がでれば少しは?

いわたさんのギムノ
光琳玉でしょうか?
トゲが長くて良しですね。

刺男子さん

>普段暖かい場所ですと、たまに寒くなったとき凍傷、凍害受けやすい

人間同様、慣れは必要みたいですね。
わたしも雪国に突然飛ばされたら死んでしまいます(ーー;)

>腐れが入らなければ良いですけど

その周辺は日焼けも若干してるのですが、
悪化しないためにあした南側に向けとこうかと思います。
乾けば問題ないでしょう。

>このような巨大球はお目にかかれませんね。

頂き物なので偉そうなことは言えませんが、
私、この大きさは植物園でも見たことないです(^_^;)
径40くらいなのでここからはあんまり太くならないでしょう。

majorさんの凛烈丸、ものすごい棘ですね〜。
わたしも実生がんばります。

写真は 金鯱×黄彩玉
なんだかパッとしません。。

いとう 2018/02/09(Fri) 19:39 No.1059
Re: どこまで続くぞこの寒さ
これが
鯱頭と金冠竜の交配
トゲ掃除してみます。
もう蕾が少し除いてます。金鯱の開花間に合うでしょうか。

いとう 2018/02/09(Fri) 20:02 No.1060
寒さ続く…

いわたさん、みなさんこんばんは。

節分を過ぎ、暦の上では春ですが寒さが相変わらず居座りますね。
それでも日差しの暖かさには春を僅かに感じます。

いわたさん

スクレロは難物の最高峰ですね。
私はチャレンジするとしたら迷わず接ぎ木してしまうと思います。

難発芽性の種子の処理、勉強になります。
スクレロはたぶん実生することは当分ないですが、大竜冠はやる予定です。
ある方曰く、大竜冠を育てるより
日の出丸を綺麗に育てる方がよっぽど難しい と。
わたしもそんなこと言えるようになりたいです(ーー;)

刺男子さん

依然として凍ったサボテン達、春になれば復活するのでしょうか。
凍害を通り越して凍結とは、恐ろしい寒さですね。
うちの金鯱大株の1株は、軽い日焼けとともに北側の稜間が
オレンジ色になってしまいました。恐らく凍害です。
そのうち目立たなくなるといいですが〜(^_^;)

majorさん

こちらでは、早咲きの河津桜は既に今年の花を終えた木もあるようです。
普通のソメイヨシノなんかは4月頭頃ですね。
春の到来は1ヶ月ほどズレてるようです(^_^;)

arionさん

大統領、子苗ながら見事ですね。
スクレロを知る前、大統領とスクレロが違うなんて知りませんでした。
白紅山の棘はなんとも美しいですが、この手で育てて見るのは
なかなか難しいですね。

写真はいわたさんより、王冠黄彩
綺麗になってきたような??

いとう 2018/02/05(Mon) 20:51 No.1044 [返信]
Re: 寒さ続く…
いとうさん、こんばんは。

立春寒波です。

こちら明日、明後日の最低気温予報では
マイナス3度との事。
たぶん最後の寒波と思われるので、邪魔くさい
ですが危なそうなビニトンに新聞紙を掛けて
あげました。


>大竜冠を育てるより日の出丸を綺麗に
>育てる方がよっぽど難しい と。

私はどちらもギブアップですケン(~_~;)

大竜冠は発芽したら全部キリンさんのお世話に
なる予定です。
5年後には数十鉢並べてみたいです。
←置き場所ナイケド(~_~;)

>王冠黄彩綺麗になってきたような??

なんと一年でこんなに綺麗に!
そして風格さえ出てきましたね。
やっぱり愛情の問題ナノネ(~_~;)



刺男子さん、こんばんは。


>抜群のパワーを秘めた凛列丸です(*^_^*)

超扁平だし超豪刺。
本州では真似できない北海道仕様ですね。

>地熱効果(プラス2℃くらいかな)と、
>とりわけ雪による保温効果が実証出来ました。

しかし検証とはいえ、よくもここまでデータを。
頭下がるというか、私にはとても出来ません。

零下に下がるから地熱効果はないんじゃないかと
思っていたのですが(~_~;)
そうじゃなくて効果があるのですね。
majorさんが鉢を地べたに置かれているのが
納得いきます。


画像は

新聞紙をかける序に撮ってきた
生き残っている
「いよっ〜おおっ〜大統領!。バキッ!!☆/(x_x)
←寒いから適当(~_~;)

いわた 2018/02/05(Mon) 21:27 No.1045
Re: 寒さ続く…
みなさん、こんばんは。

本州のほうでは、寒波に覆われているようですね。
こちらは、平年より暖かくなっています。
水、木曜は平年並み(‐7℃or‐8℃)になるようです。

いとうさん、こんばんは。

>依然として凍ったサボテン達、

一重の環境では、日中でも温度が上がらないので、
長時間(もしかしたか数日間)凍ったままの状態が続いています。

>春になれば復活するのでしょうか。

‐10℃近い環境は今年が初めてなので、
暖かくなるのを待たなければなりませんが、
半数くらいは助からないかと…

これはこれで、限界ということが判ったのでこの結果を生かせればよいです。

>オレンジ色になってしまいました。

表皮に変色痕は残ると思います。

>王冠黄彩

オォオォ!これも開花球だ!
巨大級の地植え栽培したいです!

いわたさん、こんばんは。

>5年後には数十鉢並べてみたいです。

これもまた壮観な光景ですね。

>しかし検証とはいえ、

温度測定だけのような気もしますが…

>majorさんが鉢を地べたに置かれているのが、

今年の検証で、
3号栽培室や無加温ハウスの温度を維持しているのが、
地熱によるものだとよく解りました。

arionさん、いわたさん

>大統領

大統領は今まで興味なかったけど、
こんなに綺麗な刺色しているのですね。


今日も写真がないので、
3号栽培室と外気温の、
深夜帯の温度変化のデータを。

      0時  1時  2時  3時  4時  5時  6時  7時

12月1日  -7.0    -7.0 -7.5  -8.0         -5.5 外気温
      -3.2    -3.7 -3.9  -4.0         -3.0 栽培室内

  2日  -6.0    -6.0 -6.5             -5.5
      -3.1    -3.3 -3.5             -3.3

  3日  -3.0    -4.5     -2.5         -2.0
      -1.8    -2.5     -2.6         -1.6

  4日  1.0    -1.0     -4.0         -4.5
      1.0     0.1     -1.7         -2.5

  5日  -2.0    -1.5        -1.0      -0.5
      -0.6    -0.3        -0.7      -0.2

  6日  -4.0       -5.5         -5.0
      -1.1       -2.3         -2.3

  7日  -5.0    -7.0        -7.0  -6.0
      -3.4    -3.2        -3.7  -2.0      最低温度-4.5

  8日  -4.0    -4.0                -3.5
      -0.8    -0.8                -0.9   最低-1.2

  9日  -6.0    -5.0        -7.0      -7.0
      -0.6    -0.7        -0.5      -0.7   最低-1.1 積雪あり

10日   -3.0           -4.0         -3.5
      -0.9           -0.9         -0.9   最低-1.2

7日までは積雪がないため地熱効果、雪による保温効果が半減しています。

明け方が一番寒いのだと思っていましたが、
放射冷却現象が起きない日は、
深夜帯に最低気温を記録していることが判りました。

時刻がわかりにくく、ズレていたり、みずらくてすみません。
刺男子 2018/02/06(Tue) 03:46 No.1046
Re: 寒さ続く…
皆さん こんにちは
今日もいい天気ですね.朝と夕方は寒いですけど サボテンーの生長にはいいこと
ですから 私も喜びます.

刺男子 さん こんにちは
>良い年をお迎えください。
ありがとうございます.

>サボテンのほうは元気なのでしょうか、気になっていました。
家のサボテンーはほぼ 日本の寒冷地域の出身ですから 冬では心配しなくてもよ
ろしいですが 夏では小心しなければなりません.

>春の植え替えに向けて黒鉢を通販で準備しているところです。
黒鉢が最高!!! 以前 陶器の鉢を使っていたが 土温度の上昇が遅いで サボテ
ンーの根系は黒のプラスチク制の方より弱いです.今 牡丹類でも薄い黒営養鉢を
使っています.

いわた さん こんにちは
>そうゆう事を聞くだけでも、なんか浮き浮きしてきます。
実は うちは年中潅水です. 連続的な好天にあったら 潅水します. だからこそ
うちのサボテンーは太く 太くなり続けて 自然的な美しさを失ってしまいました
. サボテンーの美感をコントロールすることには 苦手です.

major さん こんにちは
御無沙汰しております.
凛列丸 素晴らしいです.
家のテロ衆も蕾を出来て 満開を迎えます. 鶴巣丸 獅子頭 緋冠竜 紅鷹って
毎年 家のサボテンー花最前線です.

arion さん こんにちは
Gymnocactus ysabelaeの画像を拝見しました.花 中刺 まとめて見ると 確かにツ
ルビニの特徴があります.

いとう さん こんにちは
王冠黄彩って 王冠竜と黄彩玉の交配種ですか?大球の勢いは凄いです.


清潔感がないです.また 太くなったね!大変!!!

amp;#26472;威利 2018/02/06(Tue) 16:29 No.1047
Re: 寒さ続く…
今 この鉢が好きです.

amp;#26472;威利 2018/02/06(Tue) 16:32 No.1048
Re: 寒さ続く…
いわたさん、みなさんこんばんは。

いわたさん

うちの方は氷点下になることはとりあえずなくなりました。
が、冷たい風は毎日吹いてます(ーー;)

大竜冠、わたしも少し種を取り寄せたのですが、
梱包を開けたら太平丸よりも小さい種。
去年播種した時は特大の種だった気がするのですが、、
実生してみないと何が出るか分からないです

大竜冠林立、夢のようですね。
わたしも接ぎ木しますが、
自根で50年くらいかけて育ててみたい気もします。

王冠黄彩

凍害の黄色い傷も目立たなくなり、綿毛も豊かになって嬉しい限り。
這団扇を取り去って自根にしたい気もしますが〜
如何せん大きいので発根してくれるか怖くて出来ません(^_^;)

最近株の数が増えてきて、10年後、20年後を思い浮かべるのが楽しみです。
そこまでうまく継続維持してかないといけませんが(^_^;)

刺男子さん

>半数くらいは助からないかと…

研究には犠牲が付き物ですね。
私も高温や日光の限界を模索してダメにした子苗がいくつかいます(ーー;)

金鯱の傷はまた稜の間なので仕方ないかな?
来年以降はうちの環境にも慣れて問題なくなることでしょう。

>これも開花球だ!

購入品やそれからの育成で花が咲くのも増えました。
まあ派手なフェロの開花株は少ないのでこれから育てていきます(^_^;)

威利さん

>王冠竜と黄彩玉の交配種ですか?

そうですね。
黄彩玉の開花株はないですが、王冠竜はいくつもあるので、
自分でもこの交配して残したいです。

金鯱と王冠竜の交配も見事なものを写真で見たので
実践したいですね〜

写真はうちのダメ真珠
何故か強烈に日焼けした後、動かずでしたが昨日見たら刺を出してました。

いとう 2018/02/06(Tue) 20:12 No.1049
Re: 寒さ続く…
刺男子さん、こんばんは。

今日も風強く、寒い、寒い。
北陸では記録的な豪雪です。

>限界ということが判ったのでこの結果を生かせればよいです。

ホントそういうことですよね。

彼らはきっと「我等の偉大なる指導者刺男子主席の捨て石とならん。
我が屍を越えてゆけ〜。」
と叫んでいるに違いありませんバキッ!!☆/(x_x)


威利さん、こんばんは。

そちらは天候が安定してきて
千里鶯啼く江南の春が来たのでしょかね。
こちらまだ冬将軍が暴れてカラスも飛んでいません。(~_~;)

>牡丹類でも薄い黒営養鉢を使っています.

特に牡丹類のように根がイモになるものは土中温度が高いの
をより好むと聞いています。

威利さんは鉢と鉢の間を充分に取り、また熱が通りやすい材質の
鉢を使用されておられますし、陽が側面に当たり土中温度も
高くなって旺盛な成長が見込めるかと。
たぶん2,3年後にはハウスが溢れて往生されるかとバキッ!!☆/(x_x)

>太くなり続けて 自然的な美しさを失ってしまいました

美しいサボテンを作るには適度な光線と湿度が必要。
ワイルド嗜好なら強光線と通風。
いやはや。これは個人の好みですね。

>鶴巣丸 獅子頭 緋冠竜 紅鷹って

テロ鎧の四天王ですな〜。
イメージとして三国志に出て来る蜀の武将。
関羽、張飛、黄忠、馬超。
これに大統領として趙雲を加えて頂ければ
テロ五虎大将の勢揃い!

いとうさん、こんばんは。

>梱包を開けたら太平丸よりも小さい種。

近縁種の竜女冠の種子は大竜冠よりも確か小さかった?
かと思います。ひょっとしたらそれかも?
また採種時期によっても種の大きさも若干の違いが
出る可能性もあるかと。

いずれにせよ採種、仕訳、発送は人間が作業しているので、
送られた来た種が100%間違いがないという事はあり得ないですね。

まあラベルを信じて蒔いてみましょう。
信じる者は救われるバキッ!!☆/(x_x)

>10年後、20年後を思い浮かべるのが楽しみです

励みにもなりますし、イメージすることは良い事ですね。
そして自分の思い通りになって行く事に達成感も出て来るかと。

瞬間湯沸かし器みたいに熱中されたけれど、途中で退場された方
幾人もおられました。
→私一時中断復活組なんで偉そうな事言えないんですケド。(~_~;)

結局、牛の歩みも千里。「継続は力なり」でしょうな〜。

>写真はうちのダメ真珠

ハイ、真珠、日の出、赤鳳に関しては
私、もう何も申し述べる資格ございません(~_~;)

画像は

神仙x鯱頭

いわた 2018/02/06(Tue) 22:36 No.1050
Re: 寒さ続く…
みなさん、こんばんは。

威利さん、こんばんは。

>冬では心配しなくてもよろしいですが

良かったです、ホッとしています。

>黒鉢が最高!!!

今まで、鉢や用土はあまり考えず使っていましたが、
拘っていくときっと、出来栄えも違ってくるのでしょう。
拘りの性格を持っていますけど、サボテンに関してはまだ顔を出してきません、
いつか拘り始める日が来るかもしれません。

>写真

鉢の置き方にも、日当たりや風通しを考えているのですね、
私はあまり頓着せず、狭いところにギュウギュウです。

いとうさん、こんばんは。

>冷たい風は毎日吹いてます(ーー;)

千葉ロッテマリンスタジアムのように風の強いところなのですね。

>10年後、20年後を思い浮かべるのが楽しみです。
>派手なフェロの開花株は少ないのでこれから育てていきます(同じ顔文字ない)

心配になることがたくさんある現実ですが、
夢を見続けられる世界がいつまでも続くといいです。

>王冠竜はいくつもあるので、

王冠竜をいくつもお持ちなのですね!
みんな開花球ですか? すごいです!

>真珠

頑張って復活してほしいです。

いわたさん、こんばんは。

>彼らはきっと

ハウスなどで−5℃くらいで越冬しているのは、
本当の寒さではなかったとこの頃思います。
‐10℃以下に耐えてこそ、本当に寒さに強いといえそうです。
でも、多くのサボテンが−2℃くらいから−6℃くらいの範囲で、
寒さに耐えられるということは解ってきました。

>根がイモになるものは

いいこと教わりました、ありがとうございます。

>復活組

ボクも、復活組の一人です。
数十年も経ってやっと芽が出てきました。

>真珠、日の出、赤鳳に関しては、

真珠、日の出、赤鳳は氷点下には弱いほうで、
毎年凍傷にかかるもなんとか生きています。

>神仙×鯱頭

いつもトゲに癒されて?います。


写真
3号栽培室のコピアボア竜魔玉

その後凍傷の進行はないようです。
‐1℃くらいが凍傷を受けない限界なのかもしれません。

刺男子 2018/02/07(Wed) 03:29 No.1051
節分

arionさん、こんばんは。

今日は節分。そして明日は待望の立春!
季節の転換点です。

寒さも峠を越しこれからどんどん春めいてくるはず。
或る人はこの時期「光の春」と呼ぶそうな。
言いえて妙ですね。

>スクレロもあるんですか?

はあ〜い。
他に少しだけですがマスタスもありますが
もうこの周辺は私の手に余ります。

根の再生力が弱いのか植え替え毎にお亡くなりになります。
よって毎年植え替えを躊躇して先延ばし。(~_~;)
でも今年そろそろ植え替えないと自滅の運命かも?

太白丸の花

ガラス質の純白刺にピンクの花が映えて
まさに春を告げる花の代表ですね。

刺男子さん、こんばんは。

>さらなる寒さがやってくるような予報

春とは名ばかり。
明日から立春寒波の襲来です。
予報ではバレンタインデーまではこの寒さが
続くとか。でももう先が見えてきました。

キャンディーズの歌でも
「♪もうすぐ春ですねえ〜♪(~_~;)」


>同じ属であっても性質が異なるということなのでしょうか?

同属でも性質の違いはでますね。
これは確かSclerocactus parviflorusだったと思います。
スクレロの中では栽培しやすいそうです。
ちなみに最難関だと言われる白紅山は昨年までは青息吐息ながら
生き残っていましたが、今日見たら全滅してました。(泣)

>凍結により相当なダメージを受けています。
>生死の程は今は不明です。

ここが一番直撃弾を受けそうですね。
もし生き残るものが出たら相当の強者かと。

心情的にはフェロに頑張ってもらいたい(~_~;)

画像は

春の明るさをイメージして。。。

いわた 2018/02/03(Sat) 22:14 No.1036 [返信]
Re: 節分
♪春〜よ来いッ♪ はぁ〜やく来いッ♪ 歩〜るき始めたチィちゃんがぁ〜♪バキッ!!☆/(x_x)
いわたさん、みなさんコンバンワ(^_^)/
立春と聞いて、つい浮かれてシマイマシタ(^^ゞ
いわたさんの刺物ジュータン、暖かそうダケド痛そうでもアリマス(・_・)

>ちなみに最難関だと言われる白紅山は昨年までは青息吐息ながら
>生き残っていましたが、・・・7

なんとッ\(◎o◎)/!…ということは発芽成功シタのですねっ!
うっ!お見逸れしましたッ!<m(_ _)m>
当方では三度挑戦して発芽ゼロ、もうスクレロは縁が無いと諦めておりまする。
これからは「いわた大明神」改め、「いわた大御神」と呼んで毎朝お神酒と榊を供えてお祀り致しますバキッ!!☆/(x_x)←ウソダケド。

画像は早春に花咲く有難〜い小型サボテンのひとつ、Gymnocactus ysabelae。ギムノカクタスはツルビニカルプスと近縁で、同属に含めることもあるみたい。
有り難や〜アリガタヤ、なんまんだぶ、ナンマンダブ・・・・(*_*)

arion 2018/02/03(Sat) 23:12 No.1037
Re: 節分
皆さん こんばんは
今年(旧暦)最後の出張が終り 連続的な寒冷期も過ごしました.明日から 快晴の
日は10数日を続けると予報されました. これからは新年準備です. 部屋の大掃除
や 食べ物\飲物の準備\親戚や同僚との交際など など で 身体と精神は休めませ
ん.

今日 潅水しました.冬でも 棚の西側に30%の寒冷紗を掛けます.

amp;#26472;威利 2018/02/04(Sun) 00:46 No.1038
Re: 節分
みなさん、こんばんは。

いわたさん、こんばんは。

>「光の春」

「光の春」を実感しております。
♪「重いコート脱いで〜 出かけませんか〜」♪(^^♪

ハウスがあると春は早くやってきますね〜
2012年まで、春〜秋野ざらし栽培でした。

>根の再生力が弱いのか植え替え毎にお亡くなりになります。

そういうことなのですね、大変役に立ちそうです。

>明日から立春寒波の襲来です。

"低温早期警戒警報"とやらが出ているようですね、
北海道では発表になっていません。
新聞の予報では今週は並みの寒さのようです。

>白紅山

少しづつ衰弱していたのですね。
残念なことをしました。生意気ですが、私もチャレンジしてみます。

>ここが一番直撃弾を受けそうですね。
>心情的にはフェロに頑張ってもらいたい(~_~;)

甚大な被害がありそうです。
フェロに期待していたのですが、
一番強く凍っているのがフェロでして、
水分を沢山持っていたようです。

>春の明るさをイメージして。。。

赤や黄色のジュータンを想像してみると、
ハウス内はカラフルでにぎやかですね〜

arionさん、こんばんは。

>画像は早春に咲く有難〜い小型サボテン

オッ〜! 春だ! 春だ! 私も浮かれています!
陽も差していてハウスの中は華やかそうですね。
立春寒波も春の太陽の力に負けて退散するのでは。
「北風と太陽」は太陽の勝ち。使い方がちょっと違うけど。

♪「白樺〜 青空 南風〜」♪(^^♪
歌詞にあるような光景ももう少しです。

威利さん、こんばんは。

出張、お疲れさまでした。
新年の準備、お忙しい日々が続きますね、良い年をお迎えください。

サボテンのほうは元気なのでしょうか、気になっていました。

こちらでは、春の植え替えに向けて黒鉢を通販で準備しているところです。


写真
3号栽培室の太白丸
どう見てもテロカクタスには見えないのです。
凍害を受けているかは刺が密で見えません。

刺男子 2018/02/04(Sun) 04:01 No.1039
Re: 節分
皆さん こんにちは (*^_^*)

$゚分 いい響きですねぇ〜〜 待ち焦がれている春への登竜門をくぐって、溢れる陽射しの中に飛び出すのももうすぐです (*^_^*)
とは言っても北海道ではゴールデンウィークにならないと サクラが咲きません。

今日ハウスに久々に陽射しが入って、帽子が欲しいと思うほど、、、陽が暑く感じられました (*^_^*)拍手喝采!!!!
そろそろ冬眠から目醒めるサボテンが現れます (*^_^*)

写真は地味に地道に けど抜群のパワーを秘めた 凛列丸です (*^_^*)

major 2018/02/04(Sun) 11:48 No.1040
Re: 節分
いわたさん、みなさん、こんばんわ(^_^)/

今日は午後から日射しがあり、ハウスの中はポカポカ陽気♪
けれど夕暮れ時から一気に冷気が…明日は真冬に逆戻りだそうなトホホ (T_T)

とはいえ、寒さで縮こまったサボテンもオツなもの。野性味あふれる姿に日々癒されてます(^_^)/

さて、画像はmajor親分のテロカクタス繋がりで、大統領のチビ苗。
紅白の刺がスクレロみたいで、難物苦手なオイラには丁度イイ。。。(^0_0^)

arion 2018/02/04(Sun) 22:33 No.1041
Re: 節分
arionさん、こんばんは。

今日も寒かったですが陽射しは明るくなって
来ているのがわかります。

>三度挑戦して発芽ゼロ

難発芽と言われているスクレロ、大竜冠はオマジナイを
しています。
「♪エコエコアザラク〜。エコエコアザラシ〜。♪バキッ!!☆/(x_x)

@発芽抑制物質の洗い流し
A硬い種皮を柔らかくする。
Bメネデールに浸けてから蒔く

@は
お湯(60度位)で表面の発芽抑制物質を洗い流します。
種はラベルと一緒にお茶パックに入れています。
それにお湯を掛けて洗い流すようにします。
その後冷めるまで浸けておく。

Aは
@の後、100mlの水にクエン酸を小匙すりきり一杯入れ、
よく溶かしてから種を浸ける。
6時間程度経ってから、種を取り出す。

Bその後メネデールに6時間程浸けてから播種
時には当たるを幸い木酢、ジベレリン、HB−101、ハイフレッシュ
を混ぜたりする(~_~;)


結果は
「何もしないよりはまし。」としかお答えできませんが。(~_~;)

>ギムノカクタスはツルビニカルプスと近縁で、同属に含めることもあるみたい。

そういわれてみたら、花の形や形態似通った所がありますね。
海外の種子カタログにも一緒にされている時がありますね。

>大統領のチビ苗。紅白の刺がスクレロみたい

whoooo!メチャ!綺麗!
白紅山、大竜冠、鯱頭を3つ合わせたような姿態ですね!

FNは付いていますか?
今年の発注は終わってしまったので来年以降の為に
教えて下さいな。

でも私、大統領苦手なのです。
普及種なので丈夫なはずなのですが、まともに
育てられないのでした。なんでやのん(~_~;)

いずれにせよ、両方とも小型種で重いサボテンで
苦労する私のような高齢者(~_~;)にはうってつけの
品種かも?



威利さん、こんばんは。

出張お疲れ様です。

>これからは新年準備です

そちらでは15日から春節とか。
日本のお正月より気候的に実感がありますね。

>今日 潅水しました.

いよいよ春到来!シーズンの始まり。
そうゆう事を聞くだけでも、なんか浮き浮きしてきます。

刺男子さん、こんばんは。

>ハウスがあると春は早くやってきますね〜

ハウスの利点は高温が得られること。
露天よりも確実に1〜2か月サボテンの成長が早く開始に
なります。
こちらでは3月に入ると新刺や蕾を上げて来ます。
その健気さ美しさをポカポカのハウスで
眺められるのはサボテンを趣味としているものの
特権です。

3号栽培室の太白丸。

これもメチャ!綺麗!
arionさんちのも綺麗ですが、この
繊細な刺が詰まって地肌が見えない
姿態。目が眩むようです。。
これ超寒冷地で縮こまる特権と言えるのかも?

major さん、こんばんは。

>溢れる陽射しの中に飛び出すのももうすぐです (*^_^*)

春を待つのは皆同じでしょうが、特に寒冷地の方は
「わっ!」と叫びたいようなヨロコビがあるのでしょうね。

>そろそろ冬眠から目醒めるサボテンが現れます (*^_^*)

植物は人間より敏感に光を感じているのでしょう。

画像は
植え替えると良く腐る
アンシストロ 金羅紗。

蕾が見え始めました。

いわた 2018/02/05(Mon) 00:24 No.1042
Re: 節分
みなさん、こんばんは。

待っていた立春がやってきました。北国の春もすぐそこまで。

majorさん、こんばんは。

>そろそろ冬眠から目醒めるサボテンが現れます(*^_^*)

そうか、もう冬眠から目醒めるのか、
うちでは、少し暖かさを感じてきたかなというところ。

>抜群のパワーを秘めた凛列丸です(*^_^*)

これらの凛列丸はよく覚えています。
いつもこれらのようなサボテンに育てたいと思っていました。
お手本になっているようです。
今年は刺を頑張ってみます。ボクもパワー欲しい。

arionさん、こんばんは。

>明日は真冬に逆戻りだそうなトホホ(T_T)

北海道では寒波の峠を越えたような気分でいます、
立春と聞くと気が緩みますが、雪はまだまだ降ります。

>寒さで縮こまったサボテンもオツなもの。

寒さに鍛えられたサボテン、味があっていいですよね。

>紅白の刺がスクレロみたいで、
>難物苦手なオイラには丁度イイ。。。(^0_0^)

今年はノンビリとはしていられない年になりました、
心のバッテリー、キャパシティ増強しなくてはなりませんです(^_^)v

いわたさん、こんばんは。

>その健気さ美しさをポカポカのハウスで

春のハウスは快適です、楽園ですね。

>これ超寒冷地で縮こまる特権と言えるのかも?

寒さと乾燥で引き締まったサボテン好きです。
精悍になっているということかな。

>「わっ!」と叫びたいような

雪に閉ざされた世界から、"土"が見えてくると嬉しいです。

>蕾が見え始めました。

ぞくぞくと花の便りが届きます、すでに春になっていますね。
こちらまで嬉しくなります。
日本海側は冬の日照時間が少ないから、
思うように温度が得られません。


写真 がないので
夜明け頃の温度比較を

     3号栽培室 フレーム栽培室 外気温
11月26日 -0.4℃ まだ作っていません 0.0℃
  27日  -2.0          -5.0
  28日  1.8           2.5
  29日  5.1           6.0
  30日  -1.3          -4.0
12月1日  -3.0           -5.5
  2日  -3.3           -5.5
  3日  -1.6           -2.0
  4日  -2.5           -4.5
  5日  -0.2           -0.5
  6日  -2.3           -5.0
  7日  -2.0           -6.0 
  8日  -0.9           -3.5 このころは積雪少ない
  よく9日クルヴィスピヌスに凍害発覚
  夜明けにかけて温度が上昇する隠れ−4℃台の日がありました

1月28日  0.5℃    -5.0℃   -4.5℃  積雪増えています
 29日  0.5      欠測    -8.5
 30日  0.4      -9.0    -10.5
 31日  0.4      -7.5    -8.0
2月1日  0.1      -7.5    -9.5
 2日  -0.5      -9.0    -11.5
 3日  -0.6      -6.5    -7.0
 4日  0.2      -4.0    -4.5

以上の結果から、地熱効果(プラス2℃くらいかな)と、とりわけ雪による保温効果が実証出来ました。
刺男子 2018/02/05(Mon) 04:28 No.1043
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -